TOP > 試合結果個別

【K-1】和島大海が余裕の1R KO勝利、最後は強烈左ハイキックで沈める

2020/12/13(日)UP

左ストレートで攻める和島

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1冬の大一番~』

2020年12月13日(日)東京・両国国技館

▼第4試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R
○和島大海(日本/月心会チーム侍)
KO 1R 2分3秒 ※左ハイキック
●藤岡裕平(日本/九州ジム・VLOS)

 和島は13勝のうち11のKOを数える爆発的な攻撃力を武器とする。今年3月『K’FESTA.3』の王座決定トーナメント決勝で木村にKO負けしたが、9月のK-1大阪大会で、ラーシーシン・ウィラサクレックに2R右アッパーでTKO勝利している。
 対する藤岡は今回がK-1初参戦。福岡出身で、九州の大会を中心にキャリアを積み、海外や中国での試合経験もある。

このハイキックでKO勝利を決めた和島

 ゴングが鳴ると、サウスポーの和島がいきなり藤岡の空いた腹に強烈な左ミドル。一瞬がくりと腰を落とす藤岡。早くも効いたか。
 落ちついた様子で前へ出る和島が、ボディへ左ヒザを入れると、またも藤岡の動きが止まる。そこへ狙いすました左ストレートがクリーンヒットし、藤岡が倒れる。

 ポーカーフェイスで立ち上がる藤岡に、和島が飛びヒザで奇襲。さらに左ストレートから左上段ヒザを入れると藤岡がグラつく。和島がダメ押しの左ストレートを放つと、またも崩れる藤岡。

 なんとか立ち上がった藤岡だが、和島は冷静に右ジャブを当て、左ハイキックを入れると藤岡は棒立ちで倒れた。

 ほぼ無傷で勝利した和島は「ノーダメージで勝ててるんで、1月のK’FESTAに僕も呼んでください」とアピールした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・和島大海が一撃快勝、右アッパーでラーシーシンを下す「地元大阪でKOできて良かった」

・木村ミノル、10連続KO勝利へ!身長差13cmのアビラルに「デカイ方が殴りごたえある」=前日計量

・悪童・芦澤竜誠が改心「ファンにもアンチにも愛を届けたい」K-1の問題児が変わった理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別