TOP > 試合結果個別

【K-1】佐々木大蔵が、大和哲也をグラつかせる打ち合いで勝利

フォロー 友だち追加
2020/12/13(日)UP

佐々木の強烈なハイキックが炸裂

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1冬の大一番~』

2020年12月13日(日)東京・両国国技館

▼第6試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
○佐々木大蔵(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
判定 3-0 ※30-29×2、30-28
●大和哲也(日本/大和ジム)

 佐々木は卓越したテクニックを武器に、今年2月のKrushでスーパー・ライト級の王座を戴冠し、Krushで2階級制覇を達成した。7月には近藤拳成を撃破して、同王座の初防衛に成功。前回は、10月に中野滉太に判定勝利を収めている。

 大和は2010 K-1 WORLD MAX -63kg日本トーナメントで優勝し、ムエタイでもWBCムエタイ世界スーパー・ライト級王座を獲得している強豪。昨年12月に不可思にKO負けを喫して以来、1年ぶりのK-1参戦となる。

 1R、ジャブから素早い右ローを次々と入れてゆく佐々木。大和はロー、ミドル、ハイと蹴り分ける中から左の直突きでのカウンターを狙う。

 2R、プレッシャーをかけ左ミドル、左ローを入れてゆく大和。佐々木は左ジャブからの右フックとパンチ主体に。
 ラスト1分、佐々木がギアを上げ、フックのワンツーで畳み掛ける。佐々木の右が入り、一瞬止まる大和。大和も右フックや右ローで崩してゆく。

 3R、序盤から打ち合う両者。ラスト1分、コツコツと当ててきた佐々木の右ロングフックが大和にクリーンヒット、大和は脚を止め上体がフラつく。それでも腕を伸ばし応戦する大和。

 大和が渾身の左右フックを振り回すと、佐々木も顔面にもらう。最後は互いに被弾しながらの打ち合いで終わった。

 ジャッジはフルマークで佐々木を支持。佐々木が1年ぶりのK-1で強豪を下した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・安保瑠輝也の挑戦者に120kgの元新日レスラー&ビルダー北村克哉が決定「1発当たれば安保は終わる!」

・復帰の芦澤竜誠「負けなんか1ミリも思ってない、良い未来しか想像できない」元Krush王者・島野と対戦=前日計量

・卜部弘嵩、1.9kgオーバーも減点、減額で試合実施へ「才賀選手には申し訳ない気持ちと、心の底から感謝」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別