TOP > KO&一本 > 試合結果個別

【K-1】芦澤竜誠がKO勝利で復活、倒し倒されのド突き合い制する(動画あり)

2020/12/13(日)UP

気迫の表情でパンチを振るう芦澤

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1冬の大一番~』

2020年12月13日(日)東京・両国国技館

▼第8試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●島野浩太朗(日本/菅原道場)
TKO 2R 3分(ゴング時)
◯芦澤竜誠(日本/PURGE TOKYO)

 芦澤は昨年6月に大岩龍矢に敗れた後、K-1からの引退表明。しかし、今年9月のK-1DX企画『芦澤竜誠を殴りたいやつ、大募集』に出演し活動を再開。今回、1年4ヶ月ぶりにK-1のリングに復帰する。

 島野は、Krushを主戦場とし、18年6月に郷州征宜を下してKrushスーパー・フェザー級王座を獲得し、同年12月に大岩龍矢の挑戦を退けて初防衛に成功。2019年3月に西京佑馬に敗れてタイトルを失ったが、その後に2連勝と波に乗っている。

 1R、芦澤は飛び込みの左ストレートからハイキック。島野も左右のローを落ちついて狙う。
 芦澤は1年前より体幹がブレなくなったか。島野のロー、フックに芦澤の伸びるストレート。芦澤のカウンターヒットが目立つ。
 ラウンド終わりは打ち合いの中、島野の右のロングフックがヒット。1Rから殴り合いの様相に。

 2R、島野が左右のコンパクトなフックを使い、圧力をかける。芦澤の左ロングフックがヒット。
 パンチをやめない島野に、芦澤がノーガードで腕をだらりと垂らす。
 島野が左右の振り回すフックを入れるも、打ち終わりに合わせた芦澤の右ロングフックで島野がダウン。

 立ち上がる島野に、芦澤が猛攻をかける。しかし踏ん張り前へ出てはパンチを振るう島野。下がりながらも返す芦澤の右ストレートがクリーンヒット。島野が二度目のダウン。若干立ち上がるのに時間がかかる。

 しかし島野は立ち上がり、フックの連撃をやめない。芦澤の口も開いており、苦しそうだ。すると島野の左フック一閃、フラッシュ気味だが、今度は芦澤が倒れる。効いていないとばかりに即座に立つ芦澤。

島野を衝撃TKOに下し、勝ち名乗りを受ける芦澤(右)

 残り1分。芦澤がストレートからヒザまで乱打する猛攻。島野も腰を落としパンチで迎える。しかし島野がロープに追い詰められ、芦澤はショートフックとヒザの連打。
 ゴングまで時間はないが、手数の出なくなった島野を見て、レフェリーが試合を止めた。

 芦澤が復活の第一戦を衝撃的なTKO勝利で決めた。

 マイクで芦澤は「ずっと恩返しできなくて、やっと出来ました。こんなもんじゃないんで俺は。今日もトレーナーの言うとおり勝ちました。もっともっと出来るんで俺は。この後は(同門の)紀左衛門くん出るんで、応援おねがいします。今日のK-1は芦澤竜誠でした」と以前とは打って変わり謙虚なコメントで締めた。

▼この試合の動画

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・復帰の芦澤竜誠「負けなんか1ミリも思ってない、良い未来しか想像できない」元Krush王者・島野と対戦=前日計量

・芦澤竜誠「今までとは殺傷能力が違う」と劇的進化を主張、タフな島野を「間違いなく倒す」=12.13両国

・芦澤竜誠が暴走発言「RISEは天心だけ。K-1が1番」武尊や皇治にも敵意むき出し  

・卜部弘嵩、1.9kgオーバーも減点、減額で試合実施へ「才賀選手には申し訳ない気持ちと、心の底から感謝」

・安保瑠輝也に、元アウトサイダー王者・吉永啓之輔が挑発「トップじゃないでしょ、もう、自分と変わらない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > KO&一本 > 試合結果個別