TOP > 試合結果個別

【K-1】才賀紀左衛門が無念の反則勝ち、卜部弘嵩のローブローにより

2020/12/13(日)UP

鋭い眼光でパンチを繰り出す才賀

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1冬の大一番~』

2020年12月13日(日)東京・両国国技館

▼第10試合/スーパーファイト/-58.5kg契約/3分3R・延長1R
○才賀紀左衛門(日本/PURGE TOKYO)
反則勝ち 2R序盤 ※度重なるローブローにより
●卜部弘嵩(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

 卜部は、かつてK-1スーパーフェザー級(60.0kg)の頂点に立った。昨年11月には、2階級制覇を目指し、1階級下げてフェザー級(-57.5kg)のトーナメントに参戦。その後はリングから離れていたが、今回の両国大会で復活する。
 対する才賀はプロデビューからK-1を主戦場に活躍。総合格闘技に進出すると、RIZINやDEEPなどで活躍した。今年8月にK-1のリングに再び参戦することを発表し、今回新生K-1に参戦だ。

 前日の計量で卜部は契約体重の-58.5kgを、60.4kgで1.9kgオーバーとなった。これを受け、第1ラウンド、卜部は減点2から試合開始となる。
 なお規定では、才賀は8オンス、卜部は10オンス着用のグローブハンデとなるが、才賀がこれを拒否したため、双方とも8オンスグローブを着用しての試合となる。

 1Rは互いのジャブの差し合いからスタート。前に出ては左ローを出す才賀に、卜部は落ちついてガードを固め、右フックをヒットさせる。

度重なるローブローに涙を浮かべる才賀

 中盤から卜部がステップを踏み始め、ヒザをボディに突き刺す。素早いパンチからのヒザを使い、手数・ハンドスピードで勝り始める卜部。しかし終盤、卜部のヒザが才賀の下腹部にヒットしてしまう。

 2R始めにも、卜部のヒザが才賀にローブロー。試合が長く中断する。コーナーの椅子に座り、苦悶の表情の才賀。

 結果、才賀はダメージが大きく続行不可能。度重なる卜部の反則につき、才賀の反則勝ちとなった。
  勝利するも、涙を堪えられない才賀は、スタッフに両脇を抱えられながらリングを後にした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・卜部弘嵩、1.9kgオーバーも減点、減額で試合実施へ「才賀選手には申し訳ない気持ちと、心の底から感謝」

・安保瑠輝也に、元アウトサイダー王者・吉永啓之輔が挑発「トップじゃないでしょ、もう、自分と変わらない」

・才賀紀左衛門、新生K-1初戦に「1番輝いて目立つ」計量オーバーの卜部には「良い状態で」

・王者・武居由樹がK-1ルール卒業宣言、次はボクシング? ムエタイ? ファン騒然

・安保瑠輝也の挑戦者に120kgの元新日レスラー&ビルダー北村克哉が決定「1発当たれば安保は終わる!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別