TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【RIZIN】YouTuberシバター、“魔裟斗2世”HIROYAからダウン奪い、最後は一本勝ち、メイウェザー戦に名乗り!(動画あり)

2020/12/31(木)UP

シバターがHIROYAを追い詰める

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.26』
2020年12月31日(木)さいたまスーパーアリーナ

▼第3試合 スペシャルワンマッチ RIZIN MIXルール:3分2R(1R キックボクシング、2R MMA)
●HIROYA(TRY HARD GYM)
一本 2R 0分38秒 ※腕十字固め
〇シバター

YouTuber仲間のヒカル、てんちむと入場するシバター

 YouTuberのシバターは04年にパンクラスP’s LAB横浜へ入門し、11年、12年にはTHE OUTSIDERで勝利をあげ、パンクラス、ZSTへ参戦した経験も持つ。タイトルを獲るなど大きな実績は無いが、180cm・94kgの体格とパワーを活かし近年はプロレスラーとしても活躍。いずれも敗れたが朝倉未来、朝倉海、元K-1王者の安保瑠輝也とも対戦している。初参戦のRIZINで誰と戦い、どんな試合を見せるのか。

 入場前のVTRでXとされていたシバターの相手がHIROYAであることが明らかとなる。試合は3分2Rで、1Rはキックボクシング、2RはMMAの変則ルールで行われる。

 シバターはヒカル、てんちむといったYouTube仲間の“炎上軍”とともに先に入場し、HIROYAを待つ。

シバターのパンチがHIROYAの顔面にヒット!©️RIZIN FF

 1R、シバターはローで先制し、プロレス式のロープワーク、胴回し回転蹴りを見せるなどやりたい放題。だが、ローこそ浴びるがうまくHIROYAの攻撃をやり過ごす。「来いよ、コラ!」と挑発し、パンチが効いたかのように体をフラつかシバターはHIROYAを誘う。そしてHIROYAが振るった右スイングフックをかわすと、右ショートアッパーをカウンターで当て、シバターはダウンを奪取する。

HIROYAがまさかのダウン!倒したシバターも驚いた表情©️RIZIN FF

 2R、シバターはダッシュでHIROYAに向かうと引き込んで腕十字。腕を伸ばし切られたHIROYAは、タップと思しき動作を見せるも何とか逃れ立ち上がる。右ストレート、左フックをシバターにヒット。フラつくシバターだが再び引き込む。だがHIROYAはこれに付き合わず立ち上がり、ロー、右フック、右ハイキックと襲う。しかしシバターは倒れず、タイムアップにより両者引き分けとなった。

 シバターはマイクを取ると「HIROYAくん、決着はどこかでつけたいね。2戦目はパチンコでどうだ?」と決着戦を提案。「さらにYouTuberは強いんだよ、まだまだ試合するぞ! 次はメイウェザーだ!」と息巻いた。

 続いてHIROYAもマイクを取り、オファーに迷ったものの、格闘技・RIZINを盛り上げるために試合を受けたことを語った。

 一度は両者引き分けとなった試合だったが、第2Rにシバターの腕十字でHIROYAにタップと思われる動作があり、試合直後からRIZIN MMAルール第24条に基づき試合結果を保留とし、映像検証も踏まえ、競技運営機構の審議の結果HIROYAのタップアウトを認め、試合結果は2Rシバターの一本勝ちに変更となった。

▼この試合の動画 シバターvsHIROYA

●編集部オススメ

・シバターが試合当日に遺言「秒殺されるかも、1秒でも長くリングに立っていたい」

・シバターが未発表の対戦相手「X」を大予想、桜井マッハや海外有名格闘家の名前も

・朝倉海vs堀口恭司ほか、大みそか全選手32名の計量結果

・五味隆典は一発パスで「さすがプロだな」皇治は100gオーバー再計量パスで「後は思いっきり殴り合うだけ」

・シバター、試合前に皇治の控室へ突撃宣言も! 大晦日に3つのシバター劇場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 新着情報 > 試合結果個別