TOP > 試合結果個別

【RIZIN】朝倉未来が復活KO勝利、弥益を左ハイキックで斬って落とす(動画あり)

2020/12/31(木)UP

鬼神の形相で左ストレートを放つ朝倉未来(左)

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.26』

2020年12月31日(木)さいたまスーパーアリーナ

▼第13試合 スペシャルワンマッチ
RIZIN MMAルール(68.0kg):5分3R ※肘あり
○朝倉未来(トライフォース赤坂)
KO 1R 4分20秒 ※スタンドパンチ
●弥益ドミネーター聡志(team SOS)

 朝倉はRIZIN参戦以来、7連勝負け無しの快進撃を続けていたが、11月の初代RIZINフェザー級王座決定戦で修斗フェザー級王者・斎藤裕にRIZIN初黒星を喫し王座を逃した。

 再起戦の相手となる弥益は、会社員との二足のわらじを履きながらプロMMAに参戦。極めの強さを武器とし、18年には第9代DEEPフェザー級王座を戴冠した。その試合を含め7連勝と絶好調であったが、今年9月に牛久絢太郎との接戦を落とし王座陥落。今回の大舞台で再起をかける。

左ハイキックをヒットさせる朝倉未来(右)

 1R、朝倉が自ら左ストレート、右アッパーと打って出るが、弥益も左右に構えを変え、朝倉の攻撃を当てさせない。しかしそこから前に出た弥益だが足を滑らせ転倒してグラウンドへ。だが朝倉はこれを深追いせず、弥益を立たせる。
 弥益は依然左右に構えをスイッチして、朝倉を幻惑する。しかしここで朝倉は鋭い前蹴りを放ち弥益のボディをエグる。だが、この後で朝倉のバッティングがあり一時中断となる。
 再開すると、朝倉は左ストレートをヒット。これが効き、弥益が下がるとさらに左ハイキック。直撃された弥益が前に倒れ、朝倉がさらにパウンドを振るったところでレフェリーが試合をストップした。

前回敗れた斎藤への雪辱をアピールする朝倉未来

 勝利した朝倉はマイクを取り、「前回判定で負けて、自分に期待してくれている人たちの期待を裏切ってしまいすみませんでした。来年からはもっと真剣に格闘技に取り組んでいきたいと思いますので、新しい朝倉未来に期待してください」とメッセージ。「前回の負けを取り戻せたとは思ってないので、借りを返したいです。今日もフェザー級手いい選手がいて、ファンの望む選手とやってまた斎藤選手とできればやりたいと思います」と来年のリベンジを誓った。

▼この試合の動画

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・シバター、HIROYAに腕十字を取った瞬間に「1000万来たと思った」

・YouTuberシバターが一本勝ちに、ビデオ審査で判定がドローから一転!

・YouTuberシバター、“魔裟斗2世”HIROYAからダウンを奪う大健闘、メイウェザー戦に名乗り!

・パウンドTKO勝利の萩原京平、元K-1戦士・平本蓮の打撃は「大したことなかった」

・メインは朝倉海vs堀口恭司、セミに那須川天心、シバターまさかの参戦=大みそか試合順決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別