TOP > 試合結果個別

【UFC】打撃手マリナ・ロドリゲスが新星ヒバスにTKO勝利、中国ジャンのタイトル挑戦にも意欲

2021/01/24(日)UP

ヒバスに右を振るマリナ・ロドリゲス(左)©Getty Images

WME-IMG
『UFC 257』
2021年1月24日(日・日本時間)アラブ首長国連邦・アブダビ/UFCファイトアイランド

▼女子ストロー級マッチ
〇マリナ・ロドリゲス(ブラジル)
TKO 2R 0分54秒 ※レフェリーストップ
●アマンダ・ヒバス(ブラジル)

キュートな笑顔と強さで人気のブラジル新星ヒバス©Getty Images

 ヒバスは柔道と柔術で黒帯を持ち10勝1敗の戦績を持つファイター、対するロドリゲスはストライカータイプでこちらは12勝1敗分。両者ブラジル出身、ロドリゲスが8位、ヒバスが10位という女子ストロー級ランカー対決となる。

 1R、ヒバスが体を上下に動しながら前進。ロドリゲスは右回りして距離を保つ。ロドリゲスのワンツーに合わせ組みついたヒバスは脇を差して投げグラウンドへ。ロドリゲスはガードを組みこらえる。鉄槌を振るうヒバスに対し、ロドリゲスも下からの仕掛けを狙う。

1Rはヒバス有利の展開もあった©Getty Images

 2R、距離を作ったロドリゲスはヒバスが前に来たところを右ストレートで打ち抜きダウンを奪う。そして鉄槌を連打するが、ここでストップになったかと思い立ち上がる。
 しかしレフェリーはまだストップしておらず試合続行。だがロドリゲスは右ストレートを2連続で打ち込み、ここでようやくレフェリーが試合を止めた。

 勝利したロドリゲスは「コンプリートファイターが相手なので色々な場面を想定していました。(レフェリー)ストップなのかと思いましたが、攻撃を止めないでよかったです。この勝利でトップ5に入るのではないかと思っています。できればベルトを獲りたいです」とトップランカー入り、ストロー級王者のジャン・ウェイリー(中国)が持つベルト獲りに意欲を見せた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・マクレガー、計量パスで構えてポイエーと睨み合い「明日、お楽しみが待ってるぜ!」と絶叫

・マクレガーがフェイスオフでまさかの“紳士的”握手、ポイエーとの再戦を“最高の作品”にすると約束

・【UFC】マクレガー、復帰匂わすヌルマゴメドフを挑発「彼は私を怖がっている」

・ジョン・ジョーンズのヘビー級初戦はタイトルマッチか、ミオシッチvsガヌーの勝者と激突へ

・【UFC】タイソン注目の“秒殺”ガヌーが衝撃のパンチ連打「自分ならパンチ前に終わる!」とファン驚愕

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別