TOP > 試合結果個別

【LEGEND】”激闘王”八重樫、京口に打たれても前に出た、現役さながらの打ち合い

2021/02/11(木)UP

激闘を繰り広げる八重樫(右)と京口©LEGEND

LEGEND実行委員会
『LEGEND』
2021年2月11日(木・祝)東京・国立代々木競技場第一体育館
配信:U-NEXT、ABEMA 

八重樫(右)が強烈なパンチを繰り出す

 211日(木・祝)東京・代々木第一体育館で開催された全試合エキシビション・スパーリングマッチのボクシングイベント『LEGEND』。

 第2試合目にはWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が3月の海外での防衛戦を控え、元世界3階級制覇王者の八重樫東(大橋)と対戦した。

 京口は会見で「井上尚弥が生ぬるいスパーは見たくないと言ってたように、盛り上がる内容にしたい。八重樫さんとは初めて。どうなるかわからないけど楽しみにしている」と語る。

 対する昨年9月に引退した八重樫は「京口くんは3月に防衛戦を控えている。京口くんの練習相手になれるぐらいにしっかり調整する。しっかり盛り上げる」と両者意気込んだ。

 お互いヘッドギアをつけて登場、京口はボディーからアッパー、八重樫は京口のボディにフックを合わせる。

 2Rにはギアを上げる京口、的確なアッパーをヒットさせ八重樫を攻める。八重樫も被弾しながらもボディで返すと京口もボディーで返すなど、徐々にヒートアップする。

京口(右)の右ストレートが八重樫にクリーンヒット©LEGEND

 3Rはお互い接近戦でボディの打ち合い。そこからアッパー、フックと出す京口。八重樫も左右フックで返すと京口もフック、アッパーで返す。連打で押す京口だが、八重樫が右フックを返しクリーンヒットすると、京口の右もクリーンヒット。八重樫は激闘王らしく来いと手招き。さらに互いに意地と意地のぶつかり合いの激闘となり、会場から大きな拍手が沸き起こった。
 八重樫の現役さながらのファイトスタイルにテレビ解説陣も感嘆の声を上げた。

 終了後「なんとか戦い抜くことができました」と八重樫。京口は「八重樫さんに、めちゃくちゃいい刺激をいただきました。今回のイベントは3月の試合前ですが、選別という形で胸を貸して頂きありがとうございました」と3月13日のアメリカの防衛戦へ上手くつなげられたようだ。

※全試合レポート、写真はこちら

●編集部オススメ

・[本日の試合]武居由樹、元世界王者・木村翔に臆さぬボディ攻めで大器の片鱗見せる

・【TV・配信】井上尚弥、内山高志ら参戦『LEGEND』生中継、配信、放送情報=2.11

・井上尚弥の似顔絵が発端、京口、八重樫、田中恒成らがイラスト戦

・【ボクシング】京口vs八重樫、元K-1武居vs木村、内山vs坂など発表された6カードと選手の主な戦績データ=2.11代々木

・井上尚弥、比嘉大吾との対戦に「しっかりとガチでやる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」、「」をもっと見る




TOP > 試合結果個別