TOP > 試合結果個別

【LEGEND】内山高志、4年ぶり衰えぬ強烈パンチで現役日本王者のボディえぐる

2021/02/11(木)UP

現役王者に左ボディを効かせる内山

LEGEND実行委員会
『LEGEND』
2021年2月11日(木・祝)東京・国立代々木競技場第一体育館
配信:U-NEXT、ABEMA 

現役さながらのキレのあるパンチを放つ内山

 211日(木・祝)東京・代々木第一体育館で開催された全試合エキシビション・スパーリングマッチのボクシングイベント『LEGEND』。

 第6試合・セミファイナルは、元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志vs日本スーパーフェザー級王者・坂晃典(仲里)だ。

 ”ノックアウト・ダイナマイト”の異名を取った内山は、16年12月31日の試合を最後に引退。今回はエキシビションとはいえ、約4年ぶりのリング復帰となる。現在は41歳。
 対する坂は25戦20勝(17KO)5敗の、こちらは現役のハードパンチャーだ。20日前に王座を防衛したばかりだ。

坂も鋭いカウンターを放つ

 坂のみヘッドギアをつけての対戦。

 1R、内山はジャブ、左フックを丁寧に出してゆく。坂は様子見か、手数少なく、フェイントからの左ボディストレートを放つ。

 中盤、内山がジャブからの右ストレートをヒット。さらに右ストレート、フックの手数が増えてゆく。内山は左ボディを入れると、坂の足が一瞬止まる。ラスト30秒、坂もパンチを出してゆく。内山は距離を取り、素早く入っては強烈な右ボディ。

強烈な右をヒットさせた内山

 2R、坂がジャブで前進を開始。内山は落ちついてジャブに合わせて左クロス、右ストレート。

 坂の前進に様子を見ていた内山だったが、ラスト1分、内山がワンツーをヒットさせる。続けて左右ボディ、さらに右と内山がペースを取る。

 ラスト20秒、坂が左右の連打を開始。内山はガードを固めて単発で返す。

最終ラウンド、ヘッドギアを外して臨んだ坂と打ち合う内山©LEGEND

 3R、坂がヘッドギアを外す。心なしか、坂のハンドスピードが早まったようだ。内山をロープに詰めた坂が連打。内山はスタミナが切れてきたのか、次第に単発のみに。

 それでも左ボディを執拗に狙う内山が、ボディから打ちおろしの右をヒットさせる。坂が眼の色を変えパンチ連打を返す。
 ラスト40秒、カウンター狙い気味の坂に内山の右がヒット。内山は最後まで前に出続け、攻め続けた。

©LEGEND

 内山はマイクで「引退して4年経って、4年間で2日以上酒を断ったのは初めて。2月2日から(酒を)10日以上やめました」と大好きな酒を断って臨んだと語る。

 続けて「20日間身体をつくりました。最初1Rもたなかったのでダメかなと思ったのですが、なんとか仕上げました。倒されなければいいと思ってたんですけど、練習してるうちに勝ちたいなと思ってきました」と、入魂の復活だったと語った。

※全試合レポート、写真はこちら 

●編集部オススメ

・内山高志の強烈パンチでトレーナーの手が痙攣、バチバチのスパーで復帰へ好調ぶり=2.11「LEGEND」

・【LEGEND】”激闘王”八重樫、京口に打たれても前に出た、現役さながらの打ち合い

・内山高志が古巣ワタナベで練習の”本気度” 4年ぶりのリングへ=2.11代々木

・武居由樹、元世界王者・木村翔に臆さぬボディ攻めで大器の片鱗見せる

・【ボクシング】ゴングの音と勘違いでKO劇、動画が公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」、「」をもっと見る




TOP > 試合結果個別