TOP > 試合結果個別

【DEEP】元パンクラス王者・阿部大治が“左手粉砕”でレッツ豪太にTKO勝利、暫定王者となり“2階級制覇”宣言

2021/02/21(日)UP

右のハイキックを放つ阿部(右)

DEEP事務局
『DEEP 100 IMPACT』

2021年2月21日(日)東京・TDCホール

▼第11試合 DEEPウェルター級暫定王者決定戦 5分3R
〇阿部大治(フリー)
TKO 1R 2分34秒 ※ドクターストップ
●レッツ豪太(総合格闘技道場コブラ会)

 柔道出身の阿部は元パンクラス王者で、UFCとONEで世界の舞台を経験してきた。昨年8月の『DEEP 95 IMPACT』で元修斗環太平洋王者・佐藤洋一郎(KATANA GYM)と対戦し、激闘の末2-1の判定勝利。同年11月の『DEEP98 IMPACT』で元DEEPウェルター級王者の悠太(ALLIANCE)に1R TKO勝利を収めていた。 

阿部(右)の蹴りを手で受けるレッツ(左)

 対するレッツ豪太はGLADIATOR現王者にして元パンクラス王者。昨年11月に行われた『RIZIN.25』でDEEPウェルター級王者の住村竜市朗(TEAM ONE)と対戦し、判定1-2で惜敗するもその実力の確かさを証明した。

 当初は阿部のDEEP王座挑戦が予定されたが、住村が負傷により防衛戦ができない状態であるため阿部とレッツによる暫定王者決定戦が決まった。

勝利者コールを受ける阿部(左)

 1R、オーソドックスの阿部に対しレッツはサウスポーで向かい合う。前に出た阿部にレッツは右スイングフックをヒット。阿部はしかしこれに臆さず再び出て、右・左とフックと当てる。
 ここでレッツが異状を訴えドクターチェックが行われる。阿部のフックを手で防いだ際、レッツが左手を脱臼あるいは骨折した模様。これでドクターストップに。TKOで阿部の勝利となった。

ウェルター級暫定王者となった阿部

 ウェルター級暫定王座のベルトを腰にした阿部は「戦ってくれたレッツ選手ありがとうございました。こういった結果だったんですけど、ここ数年悔しい思いをたくさんしてきて、今こうやって格闘技にチャレンジできてる自分がいて、もっともっと面白い試合を見せていきたいと思います。DEEPの100回記念という大きい大会でタイトルマッチをやらせてもらってありがとうございます。これからはライト級チャンピオンの首を狙って勝負に行きます」とDEEP2階級制覇を宣言した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【テレビ】2.21 DEEP100回記念大会の生中継決定・ゲスト解説にRIZIN榊原代表&弥益ドミネーター=TV・配信情報

・[本日の試合]元アマボクシング5冠・藤田大和がサッカーボールキックでTKO勝利、渋谷を下し暫定王者に

・[本日の試合]40歳ベテラン中村大介、顔面ヒザ蹴りで現王者・牛久絢太郎に衝撃のKO勝利

・[本日の試合]関根シュレックが豪腕パンチで“16秒”KO勝利、RIZINスダリオ剛との“相撲vsプロレス”対決を要求

・[本日の試合]“美腹筋ママ”杉山しずか、マウントパンチ連打で1回TKO勝利、RIZIN再出陣をアピール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別