TOP > 試合結果個別

【DEEP】元谷友貴がチョークスリーパーの一本勝ち、RIZINバンタム級トーナメント参戦表明

2021/02/21(日)UP

バックに組み付く元谷

DEEP事務局
『DEEP 100 IMPACT』

2021年2月21日(日)東京・TDCホール

▼メインイベント(第13試合) DEEPバンタム級 5分3R
〇元谷友貴(フリー)
一本 1R 2分08秒 ※チョークスリーパー
●昇侍(トイカツ道場)

蹴りを放つ元谷

 元谷は17年にRIZINで堀口恭司に判定で敗れるも、ハイスピードな展開で好勝負を演じた。その後は勝利を重ね、DEEP2階級制覇を達成。しかし大晦日のRIZINでUFCでも勝利している井上直樹にチョークで一本負けを喫し今回再起を懸ける。

 対する昇侍は飛びヒザ蹴りでの“3秒”史上最短KO記録(06年)を持つ元パンクラス王者。DEEPで昨年8月にKO勝利したが、続く9月のRIZINでは朝倉海にKOで敗れ、以降初の試合となる。

元谷がチョークスリーパーを極めた瞬間

 1R、元谷はジャブを突いてローを入れマットの上を回る。元谷は昇侍のパンチが届かない距離を保ち、そこから放ったパンチで昇侍をダウンさせる。すぐ立ち上がる昇侍だが、元谷は組みつき背後に回るとスリーパー。そのまま昇侍を絞め落とし一本で勝利した。

 勝利した元谷は「昇侍選手、ありがとうございます。DEEP100回大会に応援来て頂いてありがとうございます。次、RIZINでバンタム級トーナメントあると聞いたんですけど、自分も参戦しても大丈夫ですか?」と問いかける。

RIZINバンタム級トーナメント参戦を表明した元谷

 するとRIZIN榊原信行CEOが「出るしかないでしょう。DEEPバンタム級の代表として。出るだけじゃダメなので、ほんと結果を出さないと。頑張ってください」と解説席から答える。元谷はこれに「ありがとうございます、頑張ります」と応じ、「佐伯代表おめでとうございます。最高の舞台で試合ができることは本当にありがたいです。おめでとうございます。ありがとうございました」と大会を締めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・元谷友貴・昇侍が見事な身体で計量パス、共にRIZINからの再起戦に決意

・[本日の試合]RIZIN矢地祐介を下した大原樹理、今度は北岡悟に衝撃のKO勝利

・[本日の試合]“美腹筋ママ”杉山しずか、マウントパンチ連打で1回TKO勝利、RIZIN再出陣をアピール

・[本日の試合]40歳ベテラン中村大介、顔面ヒザ蹴りで現王者・牛久絢太郎に衝撃のKO勝利

・[本日の試合]元アマボクシング5冠・藤田大和がサッカーボールキックでTKO勝利、渋谷を下し暫定王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別