TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【Road to ONE】“柔術フィニッシャー”風間敏臣が鮮烈のTKO勝利、格闘代理戦争の前田をツイスターからパンチ連打

2021/02/22(月)UP

風間が鮮烈なTKO勝利を飾った

ONE Championship
『Road to ONE:4th Young Guns』
2021222日(月)東京・TSUTAYA O-EAST

▼第2試合 バンタム級(5分3R)
●前田浩平(GRABAKA)
TKO 1R3分04秒 ※ツイスターからのパンチ連打
○風間敏臣(和術慧舟會HEARTS)

バックを取る風間(右)

 風間敏臣(23=和術慧舟會HEARTS)は17年のアブダビグランドスラム東京でRIZIN参戦の山本アーセンに三角腕十字で一本勝ちし優勝、19年の第20回全日本ブラジリアン柔術選手権のアダルト紫帯オープンクラス準優勝の実績を持ち、昨年にパンクラスでプロデビュー。デビュー戦は判定で敗れたものの、以降は2試合共にフィニッシュ勝利を収め、勢いに乗っている新鋭だ。

 一方の前田浩平(25=GRABAKA)は2018年のIMMAFオセアニア選手権優勝者でABEMA人気番組の『格闘代理戦争』に参戦し知名度を持つ。現在、パンクラスに参戦しプロMMA戦績は4勝2敗。

ツイスターからパンチ連打する風間

 1R、風間がオーソドックス、前田がサウスポーの構え。開始早々に飛び出し前田をケージに押し込む風間。テイクダウンしバックを取るが、前田にすぐに立たれる。バックに回った風間がグラウンドの引き込みに成功し、足を前にかけバックポジションを取る。

 ここからは完全に風間ワールド。MMAでは珍しいツイスターを仕掛け、極めようと仕掛けながら、同時に顔面にパンチを連打。前田は顔に手をかざしながら嫌がるだけで何も出来ず。結局、レフェリーが試合を止め、1R304秒、風間が鮮烈なTKO勝利を飾った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【Road to ONE】試合結果速報中=2021年2月22日

・【Road to ONE】”Gカップ”&”尻美人”がラウンドガールに決定!(写真10枚)=2.22

・【Road to ONE】“名伯楽”大沢ケンジ推薦の“柔術フィニッシャー”風間敏臣「最後の1秒まで勝ちにいく」=2.22

・【TV・配信】平田樹vs中村未来がメイン『Road to ONE:4th Young Guns』配信、生中継情報=2.22夕

・【Road to ONE】那須川天心を追う無敗の19歳“恋ステ”有井渚海がKO宣言「キック打撃の凄さを見せたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」、「」をもっと見る




TOP > 新着情報 > 試合結果個別