TOP > 試合結果個別

【RISE】江幡塁が復帰戦で豪快KO勝利!DEEP☆KICK王者・拳剛が2度の大の字ダウン!

2021/02/28(日)UP

復活のKO勝利を飾った江幡塁(奥)

RISEクリエーション株式会社
『RISE ELDORADO 2021』
2021228日(日)神奈川・横浜アリーナ 

▼第5試合 -56kg契約 3分3R延長1R
〇江幡 塁(伊原道場/初代WKBA世界スーパーバンタム級王者、KING OF KNOCK OUT初代スーパーバンタム級王者、第9代新日本キックボクシング協会バンタム級王者)
TKO  2分38秒 ※左フック
●拳剛(誠剛館/DEEP☆KICK-55kg王者、RISEバンタム級3位)

強烈な右パンチをヒットさせる江幡

 江幡は鋭いローキックとカウンターを武器に新日本キックで活躍し、WKBA世界王座を戴冠。さらに、2019年8月にはKING OF KNOCK OUT 初代スーパーバンタム級王座も獲得した。昨年11月、那須川天心への挑戦権をかけて争う『RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg』で鈴木真彦に敗れ、今回はそれ以来の再起戦となる。 

左フックで追撃する江幡

 拳剛は長いリーチを武器にKOを奪うDEEP☆KICK-55kgチャンピオン。江幡も参戦した昨年の『-55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント~』ではリザーブマッチに抜擢され、右ストレートと連打による1R TKOで相手の拓也を退けた。

 1R、身長で上回る拳剛に対し、江幡はジリジリとにじり寄る。そして右ストレートを振るってヒットする。左右のローを当て拳剛を誘っているかの江幡。拳剛は左フック・右ストレートと放つが江幡はブロックで弾き、逆に拳剛が入ってきたところに右ストレートをカウンターで突き刺し、ダウンを奪う。
 すでにダメージの色濃い拳剛に対し、江幡は左フックで2度目のダウンを与え、レフェリーストップで試合を終えた。

伊原会長と勝利を喜ぶ江幡

 勝利した江幡は「みなさん、応援ありがとうございました。2戦目に関わらずRISEで一番盛り上がる大会にしたいと伊藤代表がいう大会に参戦させて頂きありがとうございます。11月の試合では年間ベストバウトに選んで頂き光栄ですが、結果としては満足していません。RISEで輝けるために今回しっかり調整して、戦い方を改良してきました」

「みなさん、どうでしたか? このような時期、コロナ禍に見に来て頂き本当に感謝しています。僕の友人が『エンターテイメントは血の通う産業だ』と言っていて僕も強く賛同します。僕たち選手は熱く生きてみなさんに力を与えていると思っています。これからも熱い試合が続きます。伊原道場、僕たち江幡兄弟、チャンピオンツインズの応援もよろしくお願いします」とマイクで思いの丈を語った。

●編集部オススメ

・【RISE】試合結果速報中=2021年2月28日

・【テレビ】2.28 那須川天心vs志朗『RISE ELDORADO』の生中継、放送、配信情報

・【RISE】那須川天心vs志朗ほか、全選手が前日計量パス、試合順に全計量結果を紹介

・[本日の試合]元西武の相内誠がデビュー戦で“125秒”KO負け、モンゴル豪腕の強打にプロの洗礼

・[本日の試合]アマ6階級制覇の18歳新星・奥平将太がKO快勝、強烈な左フックで小出龍哉を沈める

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別