TOP > 試合結果個別

【RISE】原口健飛がハイキックで2度のダウン奪い白鳥大珠に勝利

2021/02/28(日)UP

原口が白鳥に豪快にパンチをヒットさせる

RISEクリエーション
『RISE ELDORADO 2021』
2021228日(日)神奈川・横浜アリーナ 

▼セミファイナル(第10試合)SuperFight! -64kg契約 3分3R延長1R
〇原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント優勝、第6代RISEライト級王者)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-26
●白鳥大珠(TEAM TEPPEN/RISE WORLD SERIES 2019 -61kgトーナメント優勝、第5代RISEライト級王者)

原口のパンチにカウンターを合わせる白鳥(左)

 セミファイナルでは期せずして待望の一戦が実現。当初は両選手とも海外選手と対戦予定、原口はGLORY世界フェザー級王者ペットパノムルン・キャットムーカオ(タイ)と、白鳥は元ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級王者ヌンラーンレック・ジットムアンノン(タイ)とのカードが決まっていたが、新型コロナウイルスの影響で、海外選手の入国が困難に。そこで日本人同士の対決となった。

原口のハイキックが白鳥をとらえる

 原口は空手、ボクシングをバックボーンに17年にプロデビュー。2020年には1月にライト級王座をKOで獲得すると8月にはRIZINで大雅にKO勝ち、さらに10月のRISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメントで優勝と破竹の勢いで勝ち続け現在10連勝中。昨年1月RISEライト級王座を獲得した際には白鳥にマイクで宣戦布告。その後10月のDoAトーナメントで、白鳥の対戦は望まれていたが、白鳥が準決勝でカットによるTKO負けを喫して対戦が実現しなかった。

 白鳥は直樹にTKOで敗れたDoAトーナメント以来の試合だがそれまでは12連勝、原口の前にRISEライト級のベルトを巻き(返上)、2019年にはRISE WORLD SERIES 2019 -61kgトーナメントで梅野源治を下して優勝。RIZINのリングでは大雅に2連勝を収めた。その実力に加え端正なマスクでモデルも務め“キックの王子様”とも呼ばれている。 

 共にトーナメントを制し、今やRISEを代表するスター選手だ。原口が「ずっと追っかけてきた人」と語る白鳥と、DoAトーナメントで優勝しその白鳥を追い抜く立場となった原口。63㎏日本頂上決戦とも目される一戦の勝者となるのはどちらか。 

 1R、インローの原口に白鳥はアウトのロー、その後もパンチのタイミングを窺いつつ互いにローの交換が続く。右ストレートで初のパンチは白鳥、ボディへのバックスピンキックは原口。さらに原口は顔面へのバックスピンキックも見せる。ラウンド終了間際、互いにフックを強振したところでゴング。

ハイキックでダウンを奪った原口

 2R、リング中央でパンチの交換。右ボディから左フックは原口。1Rとは変わって今度は白鳥がバックスピンキックを見せる。スイッチをしながら頭を下げてパンチで飛び込む原口に白鳥は打ち下ろしのパンチ。そして原口がまたもバックスピンキック、白鳥は腕で頭部をガードするもそのままダウンする。立った白鳥に原口はさらに攻勢をかける。オーバーハンドを振って中に入ると白鳥の右フックに合わせて右ハイキック。白鳥は蹴り足を掴むもそのまま倒れ、2度目のダウン。立ったところでラウンドが終了した。

 3R、バックスピンキックは原口。さらにミドル。白鳥はそれに合わせて左右のフックを返す。今度は白鳥がスイッチしつつミドルを当てる。原口はじわじわとプレッシャーをかけつつオーバーハンドを放つ。白鳥はジャブとロー、さらに近距離でパンチの連打で攻めるが原口はしっかりとガード。原口がワンツーから飛びヒザ、白鳥はその打ち終わりのパンチを返すも原口はすぐに下がってかわし決定打を許さないまま試合終了。

 判定は3-0で原口。白鳥を相手に確実な実力差を見せ、2度流れたビッグマッチに決着をつけた。

【RISE】試合結果速報中=2021年2月28日

<スポンサーリンク>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 試合結果個別