TOP > 試合結果個別

【DEEP JEWELS】“ハムソヒ妹分”韓国強豪パク・シウがにっせーに圧勝、優勝候補の実力を見せつける

2021/03/07(日)UP

バックマウントからパウンドを落とすパク・シウ

DEEP事務局
『skyticket Presents DEEP JEWELS 32~アトム級GP2021開幕戦~』
2021年3月7日(日)東京・後楽園ホール

▼第7試合 DEEP JEWELSアトム級GP 一回戦 ③  5分2R MMAルール
〇パク・シウ(TEAM MAD)
判定5-0 ※20-17×5(5人ジャッジ制)
●にっせー(フリー)

左ミドルを放つパク(右)

 キックボクシングを経てMMAで戦うパクはこれまで日本で富松恵美、青野ひかる、大島沙緒里とトーナメント参加の有力3選手を降している優勝候補。「明日の試合は楽しみたいです」と自信を見せる。

 対する沖縄のにっせーは女王しなしさとこを破った一戦で注目を浴び、今回再びの番狂わせを狙う。「優勝候補のパク選手と対戦できて嬉しいです。明日はバチバチ殴り合いましょう」と激闘、そしてそこからの勝利を目指す。

必死の形相でパンチを振るうにっせー(右)

 1R、にっせーが右ローで先制。しかしパクがプレッシャーを発し、ジリジリと前に出てにっせーに金網を背にさせる。そこからパクは右アッパー、左右フックと猛攻。にっせーは一旦走るようにしてその場を離れ、追ってきたパクの足を刈りテイクダウン。パウンドを落とすがパクが立ってくる。
 にっせーの首を前方からフロントチョーク状にとらえて倒したパクは、しかしにっせーに立たれるが、構わずスタンドで試合を進める。パクは再び前方からにっせーの頭部を押さえ、ヒザを浴びせる。にっせーは首投げを放つが潰れてしまい綺麗に投げ切れない。

優勝候補のパクが盤石の勝利を手にした

 2R、パクはパンチから首相撲に繋げてヒザ蹴り。にっせーも右ストレート、左フックと思い切りよく振るうが、パクは見切って当てさせず、組んでの展開に持ち込みヒザを浴びせていく。
 そして右クロスを当てて下を向かせて左アッパー、右クロスと連打でにっせーを襲う。バックブローを見せるにっせーだが当てることができない、逆にパクの右クロスを浴びる。組みの展開では投げられずこらえるにっせーだが、金網に押し込まれて打開できない。
 しかしラウンド最後にはパクが投げてにっせーからマウントポジション、バックポジションを奪い、パンチをまとめる猛攻の中終了となる。

 判定は判定は5ジャッジ制となり20-1720-1720-1720-1720-175-0でパク。下馬評通りの強さを見せた。 

☆この試合の全試合結果 速報はこちら

●編集部オススメ

・[前戦]王者・大島沙緒里が痛恨の判定負け、“ハム・ソヒ妹分”韓国パク・シウが競り勝つ

・【DEEP JEWELS】さくらがRIZINに続き計量失敗、緊急搬送で試合中止に

・【DEEP JEWELS】大島沙緒里や富松恵美ら7選手が一発計量パス=アトム級GP

・【DEEP JEWELS】“美ボディ戦士”ケイト・ロータスが黒ビキニで計量パス「明日は沸かせる」

・[本日の試合]“美ボディ戦士”ケイト・ロータスがまさかの敗北、デビュー戦のHIMEに競り負ける

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 試合結果個別