TOP > 試合結果個別

【K-1】”美容師ファイター”菅原美優のK-1デビューはNOZOMIからダウンを奪い圧勝、5連勝をマーク

2021/03/21(日)UP

菅原がK-1初戦はダウンを奪う圧勝でプロ5連勝

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.1~』
2021年3月21日(日)東京ガーデンシアター

▼第4試合 スーパーファイト/K-1女子アトム/3分3R・延長1R
○菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
判定3-0 ※30-27、30-26、30-27
●NOZOMI(TAD)

菅原の右フックがクリーンヒット、ダウンを奪い勝利した菅原

 菅原は、K-1アマチュア優勝の実績を提げて、19年1月の『Krush.97』でプロデビュー。長い手足から繰り出される、顔面前蹴りをはじめとする多彩な蹴り技を武器。昨年11月にはMOEとの王座決定戦を制し、同門のK-1王者であるKANAも巻いたKrush女子アトム級のベルトを手にした。

 対するNOZOMIは16歳の女子高生ながらプロ3戦全勝。出入りの速さやスピードを武器に、今年の2月には、菅原と熱戦を演じたことのあるチャン・リーを相手に完勝。未来に輝く金のタマゴたちを応援するTV番組『ミライモンスター』にも出演しており、今回、Krush女王の菅原の相手に大抜粋された。

菅原が前蹴りでNOZOMIを仰け反らせる

 1R、菅原が左前蹴りで距離を詰める。小さくフットワークを刻むNOZOMIは左フックをヒットさせると、バックステップで距離を作る。プレッシャーをかけるのは菅原。遠くから右ストレートで飛び込む菅原へ、NOZOMIは右フックをカウンターで合わせヒット。NOZOMIの入り際は菅原が左前蹴りを合わせ、NOZOMIを懐に入らせない。

 2R、菅原がプレッシャーを強め前進。NOZOMIの入り際に菅原が左前蹴りから右フックにつなげダウンを奪う。

 3R、菅原はNOZOMIの入り際、左前蹴りを顔面に蹴りNOZOMIをのけぞらせる。NOZOMIの右ストレートに菅原は左フック、右ストレートを合わせてヒット。NOZOMIは強引に大きな右フックを振り回すが、菅原の前蹴りで空転させられる。終了直前には左ヒザをボディに突き刺しダメ押しを見せた菅原。驚異のルーキーに一切ペースを渡さなかった菅原がKrush王座戴冠第一戦目に圧勝。5連勝をマークした。

☆この大会の全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・美女ファイター菅原美優、計量で怖い顔に「すごい緊張してるの」K-1念願の初参戦

・”戦う美容師”菅原美優、念願の大舞台へ笑顔で計量パス「今までにない女子の試合を見せる」

・Krush女子アトム級王者・菅原美優が初参戦、対戦相手は調整中

・初参戦のKrush新女王・菅原美優が“チャレンジャー”宣言「王者の重圧はないし、守るつもりはない」

・”3児の母”熊田曜子がラウンドガールに挑戦「嬉しいです!」=3.21有明

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別