TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ONE】“破壊神”ロッタンがダウンを奪う快勝、タフな相手を顔面流血させる

2021/04/08(木)UP

いつもの様に“殴り合い”をするロッタン(左)相手のウィリアムスは顔面から流血!©️ONE Championship

ONE Championship
『ONE ON TNT I』
4月8日(木・日本時間)シンガポール・インドアスタジアム

▼キャッチウェイト (61.5KG) ムエタイ
〇ロッタン・ジットムアンノン(タイ)
判定3-0
●ダニエル・ウィリアムス(オーストラリア)

強烈なヒジをヒットさせるロッタン(右)!©️ONE
Championship

“破壊神”の異名を取るロッタンはONEのムエタイフライ級王者。強烈な左右の蹴りとパンチで真っ向勝負を挑むファイターで、現在はONEキックボクシングルールでも王座を目指している。

 対するウィリアムスは昨年6月にONEとの契約が発表され今回が初出場となる。プロ戦績は10勝1敗1分。

 1R、ロッタンは左のインロー、ミドルと入り左フックを当てていく。ウィリアムスは鋭い左フックと右ストレートで対抗。ロッタンも警戒して慎重に行く。右ストレートでとらえるウィリアムス。

勝利に喜ぶロッタン(左)©️ONE Championship

 2R、ロッタンは左インロー、右ローでウィリアムスをけん制。そこから前に出てウィリアムスの左フックを被弾しながらも左フックを当て、再度の左フックを決めて倒し先制ダウンを奪う。フィニッシュに掛かるロッタンは接近戦でのヒジからストレート、そして前蹴りでウィリアムスを蹴り倒す。

 3R、ウィリアムスはジャンプして縦ヒジを振り落とし、続いて右ストレートをヒット。ウィリアムスの左右ストレートをガードで弾き、ロッタンは逆に左右ストレートを打ち返す。ここでウィリアムスの顔にカットが見られ、ドクターチェックが行われる。
 再開。左右のスイングフックで逆転に掛けるウィリアムスだが、ロッタンはガードで弾き接近戦に持ち込みヒジとショートフック。

 判定は3-0でロッタン。ロッタンらしさを見せダウンを奪って判定勝利した。

▶︎次ページ(動画)は、ロッタンが強烈な左フックでダウンを奪った瞬間

●編集部オススメ

・【ONE】試合結果速報中=2021年4月8日

・[本日の試合]アルバレスが後頭部への攻撃でまさかの反則負け、納得のいかない憮然とした表情

・[本日の試合]最強デメトリアス・ジョンソンが衝撃のKO負け!王者モラエスの“右アッパー&ヒザ”に沈む

・[本日の試合]セネガル相撲の120kg巨漢ケインが豪打KO!怒涛ラッシュからのパウンド葬

・【ONE】ロッタンが“キック進化”宣言「那須川天心戦で多くを学んだ」将来MMA王者の野心も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 新着情報 > 試合結果個別