TOP > 試合結果個別

【ONE】元K-1王者チンギス・アラゾフが悔しいデビュー黒星、猛攻のケールに競り負ける

2021/04/08(木)UP

元K-1王者アラゾフ(左)が悔しいデビュー黒星!©️ONE Championship

ONE Championship
『ONE ON TNT I』
4月8日(木・日本時間)シンガポール・インドアスタジアム

▼フェザー級 キックボクシング
●チンギス・アラゾフ(アゼルバイジャン)
判定1-2
〇エンリコ・ケール(ドイツ)

ケールがアラゾフにパンチをヒット!©️ONE Championship

 アラゾフは第2代K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級王者で56勝4敗1分。対するケールもK-1 WORLD MAXトーナメントの王者で50勝15敗2分。両者は5年前に対戦しておりアラゾフが5R KOで勝利している。

 1R、ケールがサウスポーで向かってプレッシャーを掛ける。様子見風のアラゾフはケールの左ストレート、ローをもらう。しかしアラゾフもサウスポーに変わって対処し、前蹴り、左右ミドルを打ち込む。ケールは左右フックを当てるが、アラゾフは首相撲で組んで投げる。

前蹴りを放つアラゾフ(左)©️ONE Championship

 2Rもケールが前に出るが、アラゾフは正面衝突せず、距離を取ってミドルとローを打ち込む。距離を詰めフック・アッパーと回転させるケール。飛びヒザも織り交ぜアラゾフを下がらせる。ミドルに前蹴り、ローで応戦するアラゾフだがケールを止められない。

 3R、ケールはガードを固めて前進し、アラゾフを追い詰め左ストレートと右フックをまとめる。距離を取って前蹴り、ミドルを放つアラゾフだが、ケールは右フックでアゴを跳ね上げ、左ストレートでもアラゾフの動きを止める。

 判定は1-1と割れた後で、ケールを支持。ケールが2-15年前に敗れたアラゾフにリベンジした。

●編集部オススメ

・【ONE】試合結果速報中=2021年4月8日

・【テレビ・配信】デメトリアス・ジョンソンが王座挑戦『ONE on TNT 1』放送情報=4.8あさ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別