TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ベラトール】ベイダーがパウンド&ヒジ連打でマチダに勝利、9年ぶりの雪辱を果たしライトヘビー級WGP準決勝へ

2021/04/10(土)UP

マチダ(右)に強烈なパウンドを落とし続けたベイダー(左)©️Bellator

Bellator MMA
『BELLATOR 256』
410日(土・日本時間)米コネチカット州 モヒガン・サン・アリーナ

▼ライトヘビー級ワールドGP1回戦(準々決勝)
○ライアン・ベイダー(米国)
判定3-0 ※49-46, 49-45, 49-45
●リョート・マチダ(ブラジル)

序盤、空手の蹴りと間合いで試合を優位に運ぶマチダ(左)©️Bellator

 今大会から開幕するライトヘビー級ワールド・グランプリのトーナメント1回戦(準々決勝)。
 元ライトヘビー級王者で現ヘビー級王者のライアン・ベイダー(37=米国)と元UFCライトヘビー級王者リョート・マチダ(42=ブラジル)が対戦した。
  前ライトヘビー級王者のベイダーはUFC時代の12年8月にマチダからKO負けを喫しており、約9年ぶりの再戦で雪辱を果たしたいところ。
 一方のマチダは現在2連敗と勝ち星に恵まれておらず、何とかしてここで再起を図りたいところだ。現地オッズ評価では、ベイダーが下馬評有利、リョートが不利と紹介されている。

豪快なパンチを振るいながら前に出るベイダー(右)©️Bellator

 1R、ベイダーがオーソドックス、マチダがサウスポーの構え。序盤から距離を支配するマチダ。ベイダーは右のオーバーハンドを振って前進するが入れない。マチダがミドルキックの軌道からの左ハイキックをヒット!下がるベイダーにそこから飛びヒザと続ける。ベイダーが組みつきながら、マチダにヒザ蹴りを放つ。

 2R、ベイダーの入りのタイミングに合わせてミドルやローを蹴り、距離をコントロールするマチダ。マチダが距離を支配する1Rと同じ展開。距離を詰め始めるベイダーがダブルレッグでテイクダウンに成功。ベイダーがマチダをケージに押し込み、パウンドを叩き込む。

勝利に喜ぶベイダー©️Bellator

 3R、マチダの左ミドルがヒット、ベイダーはこれまで何発もミドルを腹にもらっており、ダメージの蓄積が伺える。しかし、強引に前に出るベイダーが右フックからダブルレッグでテイクダウンに成功。マチダの顔面に強烈なパウンド、ヒジを叩き込み、マチダは鼻血を出す。ベイダーがラウンド最後までトップコントロールする。

 4R、ベイダーがラウンド開始1分でテイクダウン成功。再びベイダーのグラウンド&パウンド劇場。残りの4分間もずっとパンチとヒジを落とし続ける。被弾しながらも必死に耐えるマチダ。攻撃するベイダーもかなりの体力が消耗しているのが分かる。

 5R、ベイダーが開始すぐにテイクダウン成功。ダメージと疲労が目立つマチダは抗うこともままならない状態。ベイダーのグラウンド&パウンド攻撃に防戦一方の展開に終わった。

 結局、判定3-0でベイダーの勝利。ベイダーが約9年ぶりの再戦で雪辱を果たした。本WGPは7月に準決勝、10月に決勝を行う予定となっている。

●編集部オススメ

・【ベラトール】試合結果速報中=2021年4月10日(ベイダーvsマチダ)

・【ベラトール】ライトヘビー級WGPで激突するベイダーとマチダが緊迫感あふれる睨み合い=前日計量

・【ベラトール】22歳“スーパーモデル級”ロシア美女が衝撃の“29秒”KO勝利! 右ストレートで相手は失神

・22歳の“スーパーモデル級”ロシア美女戦士がベラトールデビュー!前日計量に“白のボディコン姿”で登場=4.10

・立ったまま足が伸びきる“失神”KO劇! 豪腕ボリソフの試合に向けた過去映像が話題に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」、「」をもっと見る




TOP > 新着情報 > 試合結果個別