TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ベラトール】ライトヘビー級王者ネムコフが初防衛、“槍を突く様なジャブ”でデイビスに競り勝つ

2021/04/17(土)UP

槍で突く様なジャブを打つネムコフ(左)©️Bellator

Bellator MMA
『BELLATOR 257』
417日(土・日本時間)米コネチカット州モヒガン・サン・アリーナ

▼ライトヘビー級WGP1回戦(及び同級タイトル戦)
○ワジム・ネムコフ(ロシア/王者)
判定3-0 ※三者ともに48-47
●フィル・デイビス(米国/挑戦者)
※ネムコフが初防衛に成功

後回し蹴りを放つネムコフ(左)©️Bellator

 RIZINでも活躍したワジム・ネムコフ(28=ロシア)は、現ベラトール・ライトヘビー級王者。昨年8月に前王者ライアン・ベイダー(米国)に挑戦し2R KO勝利で王座を奪った。

 今回対戦する、元王者で同級2位のフィル・デイビス(36=米国)とは、18年11月に対戦しており、その時は、ネムコフが判定2-1で勝利している。デイビスはその敗戦後、3連勝と波に乗っている。

 この試合は王者ネムコフの初防衛戦としても扱われており、現地オッズ評価では、ネムコフが下馬評有利、デイビスが不利と紹介されている。ネムコフのセコンドには、エメリアエンコ・ヒョードルがついた。

勝利に喜ぶネムコフ(左)©️Bellator

 1R、両者ともにオーソドックスの構え。終盤に手数を増やすネムコフの左ジャブがデイビスに次々にヒットする。

 2R、デイビスの右オーバーハンドがヒットしネムコフの左眉から出血が。しかし再びネムコフのまるで槍を突く様な素早いジャブ次々にヒットさせる。さらにネムコフは左右の連打でデイビスからダウンを奪うが、デイビスはすぐにタックルへ。カウンターでネムコフがギロチンを仕掛けるが、決まらず。

セコンドには、皇帝ヒョードルの姿が。©️Bellator

 3R、デイビスの右カーフキックがヒット。ネムコフが効いたそぶりを見せる。ラウンド終盤、ネムコフがタックルからテイクダウン。デイビスはすぐに立ち上がるが、ネムコフがバックをとり、優勢の印象。

 以降もネムコフがジャブを突き、デイビスがカウンター狙い。両者ともに疲労が見えはじめ、最終の5Rには攻撃も単発に。終盤にはネムコフのタックルをデイビスをがぶりアナコンダチョークを仕掛けるが、汗で滑り失敗。次にネムコフが上を取りに行くと、デイビスが立ち上がる。残り30秒、デイビスがネムコフを金網に押しつけ、ヒザ蹴りを連打し、離れたところでタイムアップとなった。

 判定は、三者共に48-47でネムコフ。ネムコフが初防衛に成功。同時にワールドGP準決勝進出を決めた。ネムコフの次戦の相手は、58日(土・日本時間)に開催される『Bellator258』で行われる、昨年末にUFCから電撃移籍したアンソニー・ジョンソン(36=米国)とヨエル・ロメロ(43=キューバ)の対戦の勝者となる。

●編集部オススメ

・【ベラトール】試合結果速報中=2021年4月17日(ライトヘビー級王者ネムコフ参戦)

・【ベラトール】ライトヘビー級王者ネムコフが無事に計量パス、相手のデイビスが“ベルトをよこせ”のジェスチャー=前日計量

・”スーパーモデル級”ロシア美女戦士、衝撃の失神KO劇に「ベラトールに超絶ビューティーの誕生!」と僅か2日間でSNSフォロワーが6万人急増

・22歳“スーパーモデル級”ロシア美女が衝撃の“29秒”KO勝利! 右ストレートで相手は失神

・衝撃の“三角絞め”映像をベラトール が公開「大流血のRIZIN戦士に電光石火の極め」「残り5秒の起死回生の一発」ほか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」、「」をもっと見る




TOP > 新着情報 > 試合結果個別