TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【UFC】女子フライ級“絶対王者”シェフチェンコが“怒涛のヒジ打ち”で圧巻KO、5度の防衛成功に「誰も私を止められない」

2021/04/25(日)UP

王座防衛に喜ぶシェフチェンコ(左)(©Getty Images/UFC)

WME-IMG
『UFC 261』
2021425日(日・日本時間)米フロリダ州ジャクソンビル/VyStarベテランズ・メモリアル・アリーナ

▼女子フライ級タイトルマッチ
○ヴァレンティーナ・シェフチェンコ(キルギス/王者)
TKO 2R 3分19秒 ※ヒジ連打
●ジェシカ・アンドラージ(ブラジル/挑戦者)
※シェフチェンコが5度目の王座防衛に成功

圧倒的勝利にガッズポーズのシェフチェンコ(©Getty Images/UFC)

 シェフチェンコはムエタイとキックでプロ通算57勝2敗の戦績を誇るストライカー。18年12月にヨアナ・イェンジェイチックを下しUFCフライ級王者に。連勝を重ね、昨年11月にジェニファー・マイアを判定で下し、4度目のタイトル防衛に成功した。

 対するアンドラージは元ストロー級王者。フライ級転向後の初戦で、昨年10月に当時同級1位のケイトリン・チュケイギアン(米国)を初回TKOで下し、今回のタイトル挑戦権を手にした。

 1R、シェフチェンコがサウスポー、アンドラージがオーソドックスの構え。シェフチェンコが蹴り足を捕まえてテイクダウン成功しバックポジションを奪う。ケージ際でシェフチェンコがバックからリアネイキッドチョークを仕掛けるなど、グラウンド技術でアンドラージを圧倒。

 2R、シェフチェンコがボディロックでアンドラージを倒しテイクダウン成功。スタンドの打撃が得意なシェフチェンコがこのラウンドでもアンドラージを組技、寝技で圧倒。最後は、相手を横四方固めで完全に押さえ込むと、フィニッシュのヒジ連打!レフリーが試合を止めた。

 5度の防衛に成功したシェフチェンコは、恒例の勝利のバレエダンスを披露。勝利者コメントでは、「私と戦いたい皆、待っている。誰も私を止められない」と、改めての絶対王者宣言をした。

▶︎次ページ(動画)は、今回も飛び出した!女王シェフチェンコ、恒例の祝勝の回転ダンス、名物MCも思わずガッズポーズ!

●編集部オススメ

・【UFC】「UFC261」試合結果=2021年4月25日

・【UFC】フライ級“絶対女王”シェフチェンコ、相手に超接近し拳で威圧=前日計量

・[本日の試合]”無双”王者ウスマンが強烈な右ストレートで悪童マスヴィダルを衝撃KO!4度の防衛成功・14連勝で「地上最強のパウンド・フォー・パウンドだ」と歓喜

・[本日の試合]【UFC】“坊主頭美女”ナマユナスがアジア初UFC王者ジャンを“秒殺”ハイキックKO!「私が最強よ」と涙の王座奪還

・(動画あり)ポーランドで起きた壮絶ハイキックKO!“見えない蹴り”に崩れ落ち完全失神=海外MMA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別