TOP > 新着情報 > 新着情報写真記事 > 試合結果個別

【ONE】青木真也が鮮烈の初回一本勝ち、秋山成勲に「首を洗って待っとけ」と宣戦布告

2021/04/29(木)UP

初回一本勝ちを決めた青木真也©️ONE Championship

ONE Championship
『ONE ON TNT IV』
429日(木・日本時間)シンガポール・インドアスタジアム

▼ライト級
●エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
一本 1R4分20秒 ※腕ひしぎ十字固め
〇青木真也(日本)

序盤、青木がパンチをもらう場面も©️ONE Championship

 青木とフォラヤンは今回が3回目の対戦となる。1度目は2016年11月、当時ONE世界ライト級王者だった青木の3度目の防衛戦で、フォラヤンが青木をヒザ蹴りからのパウンド連打でTKOに仕留め、タイトルを奪取。2度目は2019年3月のONE日本大会のタイトルマッチで再戦、青木が1Rに肩固めでフォラヤンを絞め落とし、王座を奪還している。

 当初、青木の相手は元UFCファイターのセージ・ノースカットの予定だったが、ノースカットが「新型コロナウイルスの影響が長引いて」いるため試合を辞退し、対戦相手がフォラヤンになった。

十字を極める青木©️ONE Championship

 1R、青木はサウスポーで前に出てマットの中央を取る。フォラヤンの左フックが頬をかすめる。フォラヤンを下がらせ、ケージ際で青木はタックルに入り、ジャンプしての引き込みを仕掛けたかと思いきや後方に倒す。
 そして青木は両足でフォラヤンの脚を4の字にロックして動かさせない。上にあがってマウントポジションを取るとヒジを打ち込んでいく。鈍い音を立ててヒジを落とし、そこから腕十字。青木が1Rで勝利した。

勝利に喜ぶ青木©️ONE Championship

 3度目の対戦を勝利した青木は「試合の相手が変わって、お互い同い年でもう1回チャンスがあればまたやりましょう。あなたに5年前に負けて苦しいことがいっぱいあったけど、エドゥアルドまた一緒に頑張りましょう。(今後やりたい相手は)2人います、一人はセージ・ノースカット、必ずやりましょう。あとは日本で解説席に座ってる秋山、お前適当なことやってんじゃねぇ、試合に穴開けて、次はお前だ。首を洗って待っとけ。一言、ありがとう。それだけです」と秋山成勲を指名し対戦を訴えた。

 

▶︎次ページ(動画)は、青木真也がフォラヤンから腕十字を極めた瞬間

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】青木真也参戦『ONE on TNT IV』生中継情報=4.29

・【ONE】試合結果速報中=2021年4月29日

・【ONE】青木真也、3度目の対戦となるフォラヤンに「とにかく一生懸命に向き合いたいですね」=4.29

・【ONE】青木真也が肩固めで王座奪回、ONE初の日本大会は劇的幕切れに

・【女子MMA】中井りん”武者修行”、浅倉カンナ、寺山日葵らと汗流した8日間を終える「凄く嬉しかった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 新着情報 > 新着情報写真記事 > 試合結果個別