TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ONE】元UFC王者アルバレスがまさかの判定負け、韓国オク・レユンにダウンを奪われる大番狂わせ

2021/04/29(木)UP

強烈なパンチを被弾するアルバレス(左)©️ONE Championship

ONE Championship
『ONE ON TNT IV』
429日(木・日本時間)シンガポール・インドアスタジアム

▼ライト級
●エディ・アルバレス(米国)
判定0-3
〇オク・レユン(韓国)

パンチを交差させるアルバレス(左)©️ONE Championship

 元UFC&ベラトールの世界ライト級王者のエディ・アルバレスは今月行われたユーリ・ラピクス(モルドバ)との試合でパウンドが後頭部を打ってしまったと一度は反則負けとなるも、その後裁定が変更になりノーコンテストに。今回は恵まれたリーチと鋭い打撃を持つオク・ユレン(韓国)と対戦する。

 1R、アルバレスがローで先制。レユンが打撃で応じようとしたところに片足タックルで入り金網に押し込む。レユンはテイクダウンをこらえながらヒジを振るってヒット。だがアルバレスも押し込みを緩めない。バランスを崩されてもすぐに立ち上がるレユン。

韓国のオク・レユンがアルバレスにパウンド!©️ONE Championship

 そしてアルバレスにカウンターのストレートとカーフキックを見舞う。そこから右ストレートのクロスカウンターで倒れたアルバレスをレユンはパウンドで襲う。しかしアルバレスは立ち上がり、なんとか初回を乗り切る。

 2R、アルバレスは再びタックルに入ってレユンを押し込む。2度目のタックルで倒したアルバレスだが、レユンはすぐ立ち上がる。そしてアルバレスを振りほどくが、アルバレスはなおもタックルに出る。
 金網に釘付けにされるレユン。このアルバレスの戦法に次第に削られてきたか。体が離れてもアルバレスはすぐタックルに出てレユンを金網に押し込んでいく。

勝利に喜ぶオク・レユン(右)と肩を落とすアルバレス(左)©️ONE Championship

 3R、アルバレスはカーフキックを当て、タックルを織り交ぜ右フック、右アッパー、左フックと立体的にパンチを見舞う。レユンはアルバレスの入り際にカウンターのストレートを合わせる。
 しかし、それをかいくぐってアルバレスが組みつき、レユンを金網に押し込む。だがレユンは倒れない。レユンは左ミドル、左フックを当てれば、アルバレスも左ハイと左フックでヒットを上げる。

 判定は3-0でレユン。大物食いに成功した。

▶︎次ページ(動画)は、アルバレスがダウンし、オク・レユンのパウンド猛攻を受ける場面

●編集部オススメ

・【ONE】試合結果速報中=2021年4月29日

・[その日の試合]【ONE】青木真也が鮮烈の初回一本勝ち、秋山成勲に「首を洗って待っとけ」と宣戦布告

・[その日の試合]【ONE】コレ当たってる? セネガル相撲の英雄が立ち上がれず、レスリング世界戦士のTKO勝ちに平田樹「まさかの結果にびっくり」

・[その日の試合]【ONE】女子ムエタイ新星ジャッキー・ブンタンが勝利、東欧美女戦士“バービー”との接戦を制す

・[その日の試合]【ONE】“セージ・ノースカット姉”コルビーが一本勝ち、初回に腕十字を極める

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 新着情報 > 試合結果個別