TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ベラトール】ムサエフとも激闘のパトリッキーが衝撃の流血TKO負け、相手のヒジで切れる

2021/05/08(土)UP

大流血でTKO負けしたパトリッキー(右)©️Bellator

Bellator MMA
『BELLATOR 258』
202158日(土・日本時間)米コネチカット州 モヒガン・サン・アリーナ
▼ライト級
●パトリッキー・”ピットブル”・フレイレ
(ブラジル)
TKO 2R終了時 ※右ヒジ/額出血により
○ピーター・クアリー(アイルランド)

ローキックを放つパトリッキー(右)©️Bellator

 世界ライト級2位のパトリッキー・”ピットブル”・フレイレ(35=ブラジル)は、19年12月のRIZINライト級トーナメント 決勝でトイック・ムサエフと死闘を繰り広げ敗戦、右手を骨折し今回が約1年半ぶりの試合となる。
 パトリッキーの相手はピーター・クアリー(32=アイルランド)。戦績は12勝(2KO)2敗でコナー・マクレガーと同じSBGアイルランド所属する。身長は180cmとパトリッキーより7cm高いが戦績からパトリッキー(23勝15KO10敗)が経験豊富で有利かと思われた。

グラウンド状態で下から、ヒジを叩き込むクアリー(左)©️Bellator

 1R、両者はオーソドックスの構え。中間距離でお互いローを蹴り合うが、パトリッキーのロー、カーフキックが、よりクアリーにダメージを与えているのが明か。クアリーがバランスを崩し倒れ場面が見られる。

 2R、パトリッキーが試合を有利に運ぶ展開。ガードを高くするクアリーに、パトリッキーがロー、左ボディと叩き込む。リーチの差が出たか、クアリーの左ジャブを被弾したパトリッキーの右目から流血が。圧力をかけながら前進するクアリーに対し、パトリッキーが打ち終わりに合わせてのタックルからテイクダウンに成功。

返り血を浴び勝利を確信したクアリー©️Bellator

 ラスト40秒、ここからパトリッキーのパウンド攻撃が始まると思いきや、長身のクアリーが下からヒジ連打!すると、パトリッキーの左こめかみ辺りがカットし、大流血状態でラウンド終了。

 ドクターが傷口をチェックする中、試合続行を訴えるパトリッキー。一方、おびただしい返り血を浴びた上半身が真っ赤になったクアリーが勝利を確信し咆哮。結局、2R終了時で、クアリーのTKO勝利となった。

▶︎次ページは(動画)ピットブルが大流血しながらも続行を訴える映像

●編集部オススメ

・【ベラトール】試合結果速報中=2021年5月8日

・(動画あり)[本日の試合]アーチュレッタが王座陥落、新王者に輝いたペティスがRIZIN王者・堀口恭司に対戦要求「ベラトールvsRIZINで、2本目のベルトを取る」

・(動画あり)[本日の試合]UFCから移籍のアンソニー・ジョンソンが豪快KO勝利、初回負けのピンチから逆転の右ストレート炸裂

・(動画あり)[本日の試合]マイケル・ペイジが衝撃のハイキックKO、一撃で相手の鼻が“陥没破壊”される

・(動画あり)【ベラトール】5.8パトリッキー・ピットブル参戦に”キムラロック”一本映像集が公開、パトリッキー唯一の一本負け”シーンも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」、「」をもっと見る




TOP > 新着情報 > 試合結果個別