TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【UFC】まるで北斗の拳! 試合中、突然ぐらつき倒れる”時間差”衝撃KOでバルボーザ勝利

2021/05/16(日)UP

バルボーザ(左)がブルゴスと打ち合いKO勝利(c)UFC

WME-IMG
『UFC 262』

2021年5月16日(日・日本時間)アメリカ・テキサス州ヒューストン/トヨタ・センター

▼フェザー級マッチ
●シェーン・ブルゴス(30=アメリカ/同級9位)
TKO 3R 1分16秒 ※右フック
○エドソン・バルボーザ(35=ブラジル・同級13位)

 ブルゴスは約1年ぶりの試合。前戦は昨年6月。ジョシュ・エメット戦では最後まで激しい打撃戦を展開。判定で敗れはしたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。戦績は13勝(5KO/5一本)2敗。
 対するバルボーザは、2009年のデビュー以来KOを量産してきたストライカー。タイトルに近いとも言われてきたが17年12月にヌルマゴメドフに敗れて以降1勝4敗と負けが続いた。前戦の昨年10月に判定で勝ち連敗を脱している。戦績は21勝(12KO/1一本)9敗。

これがバルボーザが放った”時間差KO”の右フックだ!相手の顔が大きく歪む。右下にはブルゴスが倒れた写真も(@espnmmaより)

 序盤からバルボーザがカーフキックを連打。ブルゴスはややバランスを崩すも距離を潰しパンチで攻める。途中バルボーザのバックをとったが、すぐに離すなど、打撃戦でいく構え。互いに打撃戦になった。バルボーザはバックスピンキックがブルゴスの側頭部を捉え会場を沸かすと、続けて右ストレートでもぐらつかせた。

 2Rもブルゴスが圧力をかけパンチで攻め、バルボーサは下がりながらカーフ、飛び膝蹴り、バックスピンキックで返す展開。バルボーサはカーフキックを多く蹴ったからか、スネから出血する。

 3R、スネの怪我のせいか、カーフキックをやめパンチ勝負のバルボーサが右フックをヒットさせる。被弾し顔が横に向くも何事も無かったように構え直しリズムをとるブルゴス。3秒間見合った後、ブルゴスが突然よろよろと下がり始め、ケージに体をぶつけるとうつ伏せにダウンし失神。バルボーザの追撃にピクリとも動かずレフェリーは即試合をストップした。解説者が「お前はもうKOされているという感じです」と答えたように多くが『北斗の拳』を想像しただろう。

 勝ったバルボーザは「さっきコーチにえっ、何で?と質問した。相手がグラついたところはあったが、まさかあそこでフィニッシュになるとは思わなかった」と驚いた様子だった。

【UFC】全試合結果

●編集部オススメ

・5.16【UFC】全試合結果

・鼻陥没KO勝利のペイジがタイトル戦要求、“破壊キック”映像投稿で45万再生

・カネロの右アッパーで複数骨折、衝撃のスロー映像が話題

・衝撃の“完全失神”バックスピンキックKO!「何回再生して見たかわからない、最高に美しい」と驚嘆の声=海外MMA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 新着情報 > 試合結果個別