TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【UFC】ファーガソンに圧勝のダリウシュ「ヒールホールドで破裂音が聞こえた。それでも戦った彼はゾンビだ」

2021/05/16(日)UP

ヒールホールドを仕掛けられ、苦悶の表情のファーガソン(©Getty Images/UFC)

『UFC 262』
2021年5月16日(日・日本時間)米テキサス州ヒューストン/トヨタ・センター

▼ライト級マッチ
●トニー・ファーガソン(アメリカ)
判定0-3 ※27-30×3
○ベニール・ダリウシュ(イラン)

ダリウシュに押さえ込まれるファーガソン(©Getty Images/UFC)

 元UFC世界ライト級暫定王者のトニー・ファーガソンは19年まで12連勝していたが、昨年から2連敗し現在ライト級5位。対するダウリシュは世界ノーギ柔術選手権 茶帯ミドル級 優勝したグラップラー。同級9位で現在6連勝中だ。

 1R、ダリウシュは圧力をかけパンチを振るが、ファーガソンはうまくかわし当てさせない。ダリウシュの蹴りがヒットし始めパンチからタックルでテイクダウンに成功。下からファーガソンが三角締めを狙う。それを抜いたダリウシュはパウンド連打。サイドポジションを狙いつつパウンドを打つダリウシュだがファーガソンはしっかりガード。このラウンドはダリウシュが優勢。

2R、再びダリウシュがパンチから組みつくと、ファーガソンは倒れながら腕を絡めダリウシュを絞めようとするが、ダリューシュ逃れパウンドを連打。立ち上がろうとするファーガソンの左足を捕まえヒールホールドに。苦しそうなファーガソンは右足で懸命に上からダリウシュに踵を落とし蹴る。極まったかと思われたが、ファーガソンは何とか逃れる。

3Rも ダリウシュ圧力かけパンチで前に出てタックルに行くとファーガソンはスタンドのままフロントチョーク。しかしダリウシュはパワーでファーガソンを持ち上げてキャンバスに叩きつける。続けてファーガソンは下から三角絞めを狙うが、ダリウシュは足を外す。以降ダリウシュはサイドポジションをとり、パウンドを落とすなどリードし、ダリウシュが3-0の判定で圧勝した。勝ったダリウシュは7連勝、負けたファーガソンは3連敗となった。

試合後のインタビューでは2Rのヒールホールドにで「大きな破裂音が聞こえた。大きなダメージがあったと思うが何事も無かったかのように戦い続けた、彼はゾンビだ」とファーガソンを称えた。

【UFC】全試合結果

●編集部オススメ

・【UFC】まるで北斗の拳! 試合中、突然ぐらつき倒れる”時間差”衝撃KOでバルボーザ勝利

・5.16【UFC】全試合結果

・【UFC】ブラジル“シュートボクセ”オリベイラが元ベラトール王者チャンドラーに逆転TKO勝利!悲願のライト級新王者に輝く

・衝撃の“完全失神”バックスピンキックKO!「何回再生して見たかわからない、

・カネロの右アッパーで複数骨折、衝撃のスロー映像が話題

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 新着情報 > 試合結果個別