TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【KNOCK OUT】バズーカ巧樹の左フック炸裂、大谷翔司から3度のダウン奪いリベンジ&初防衛成功

2021/05/22(土)UP

バズーカ(左)の左フックが炸裂した

KNOCK OUTプロモーション
『KNOCK OUT 2021 vol.2』
2021年5月22日(土)東京・後楽園ホール

▼無法島presentsメインイベント(第9試合) KNOCK OUT-BLACK ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
◯バズーカ巧樹(菅原道場/王者)
判定3-0 ※30-26、30-25×2
●大谷翔司(スクランブル渋谷/挑戦者)
※バズーカが初防衛に成功。

▶︎【写真】バスーカが豪快なダウンを奪う、大谷はうつ伏せに倒れる

 バズーカは、20年に開催されたKNOCK OUTの無法島GPトーナメント(64kg契約 8人制ワンデートーナメント)で準優勝、REBELS(現KNOCK OUT)王座を戴冠するなど着実に実力を付けている。強烈な蹴り技とパンチの技術が武器だ。

 対する大谷は、元陸上自衛隊という異色ファイター。当時、地元の歩兵部隊で徒手格闘訓練隊のメンバーとして活動していた。一撃でダウンを奪うことが出来る拳が武器だ。

 両者は、昨年12月にノンタイトルで対戦。大谷が最終ラウンドにパンチでダウンを奪い、判定2-0で勝利を収めている。今回は、バズーカにとってはリベンジマッチ、大谷はベルト奪取を狙う戦いになる。

バズーカのハイキック

 1R、前進する大谷に、バズーカが左フックをカウンターでヒットさせて最初のダウンを奪う。右ハイキックを良いタイミングで蹴るバズーカ。ダウンで若干ダメージが残る大谷だが、前進を止めない。

 3Rには大谷が前に出て執念の右ストレートをヒット。この一撃でバズーカが耳の裏あたりから出血して、ドクターチェックが入る。再開後、大谷が打ち合いを仕掛けて右のパンチを見舞うと、バズーカがまたも抜群のタイミングで左フックのカウンター。2度目のダウンを奪う。

バズーカがダウンを奪う

 ダメージが残る大谷だが、なおも打ち合いを仕掛ける大谷。終盤、バズーカは、左右のフックから右のヒザ蹴りを顔面に当てて、3回目のダウンを奪う。しかし最後まで立ち続け、勝負は判定に。バズーカが判定で圧勝してリベンジ&初防衛に成功した。

 勝利したバズーカは「(大谷に)やられたらやり返すと決めていました。まず倒せなくてすみませんでした。KNOCK OUT -64kgトーナメントで、西岡蓮太に決勝戦で負けてるので、そいつにもリベンジしたい」と今後に向けて意気込みを語った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【本日の試合】ぱんちゃん璃奈が豪快KO勝利、カウンターの右ストレートが炸裂

・【本日の試合】栗秋祥梧が初回KO勝利、破壊力抜群のボディブローとハイキックでマットに沈める

・【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈が計量動画を公開”当日に2.8kgの水抜き、筋肉女子、これまで最高の作品”

・【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈、計量後のKO宣言にMIREY「勝てるならやってみなさい」

・【動画】ネリがボディで悶絶のKO負け、立ち上がれず

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別