TOP > 試合結果個別

【K-1】黒田斗真、圧巻の左ストレートで松本日向に完勝!2度のダウンを奪う

2021/05/30(日)UP

黒田斗真の強烈な左ストレートがヒット!

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~』
2021年5月30日(日)神奈川・横浜武道館

▼第11試合 K-1 WORLD GP 2021 JAPAN K-1バンタム級日本最強決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R
●松本日向(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
判定0-3  ※25-30、26-30×2
○黒田斗真(日本/K-1ジム心斎橋チームレパード)

松本日向がバックハンドで応戦

 松本は、19年にABEMA「格闘代理戦争 4th season」に出演しアグレッシブな戦いで注目を集めた。その後プロデビューし3連勝を飾ったが、今年の1月に壬生狼一輝に敗戦し、今回のトーナメントで復活と優勝を期する。1回戦は鵜澤悠也をスピード感のある打撃で完封して、準決勝に進出した。

 対する黒田は破壊力あるパンチを武器に、20年10月よりスタートしたKrushバンタム級王座決定トーナメントでは優勝した吉岡ビギンと熱戦を繰り広げている(判定負けも善戦)。1回戦は長身の池田幸司を相手に、左のヒザ蹴りで衝撃TKO勝利を飾っている。

黒田斗真が松本日向からダウンを奪う

1R、黒田がサウスポー。松本が右ミドルで飛びかかると、黒田が左ストレートを返す。右の前蹴りで牽制する松本。黒田の左ストレートが上手く松本の顔面を捉える。松本の右ミドルに、黒田が左ストレートをヒットさせて最初のダウンを奪う。

 2R、前に出るのは黒田。松本は遠い距離から飛び込むが、黒田が右フックを引っ掛けてサークリング。さらに、松本の右ローに黒田が左ストレートを打ち抜き、2度目のダウンを奪う。左のアッパーを繰り出す黒田に、松本はダウンを挽回すべく右のバックブローを出す。

勝利に喜ぶ黒田斗真(右)と、ガックリと項垂れる松本日向(左)

 3R。左の飛びヒザで松本の前進に応戦する黒田。松本は近距離に入りたいが、黒田の右フック、左ストレートでなかなか思うような戦いが出来ない。松本は左の前蹴りからパンチで襲いかかるが、捉えることは出来ず。ジャッジは3度のダウンを奪った黒田を支持。黒田が、壬生狼一輝の待つ決勝に進出した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【本日の試合】優勝候補・松本日向、順調に1回戦突破

・【本日の試合】黒田斗真、1回戦唯一のKO勝ちで準決勝へ

・計量パスのMIO「かわいい子、いじめたくなった」菅原美優「怖いな」=本日30日決戦

・【ボクシング】ドネアが衝撃KO勝ちで新王者に! ウバーリはロープを背に崩れ落ちる ”次は井上尚弥と戦う”

・K-1ラウンドガールに初の人気コスプレイヤーが決定、篠崎こころ&宮本彩希(写真10枚)=5.30横浜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報

こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別