TOP > 試合結果個別

【K-1】MIO、Krush王者・菅原美優との接戦制す!K-1で2連勝マーク

2021/05/30(日)UP

鬼の形相でパンチを振るうMIO(右)

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~』
2021年5月30日(日)神奈川・横浜武道館

▼第13試合 スーパーファイト/K-1女子アトム級/3分3R・延長1R
○MIO (日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
判定2-0 ※29-29、30-29×2
●菅原美優(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)

 MIOは、シュートボクシングの舞台で華々しい活躍を見せ、MMAにも挑戦した。20年9月にK-1デビューを果たし、高梨knuckle美穂に敗戦。その後、2戦目となった今年3月のK-1では、元ボクシング世界王者の山田真子にパンチでダウンを奪って判定勝利し、実力を示した。普段は、48kgあたりで試合をすることの多いMIOだが、今回キャリア最軽量の45kgの試合に臨む。戦績は44戦39勝(4KO) 5敗。

▶︎【動画】MIO vs 菅原美優の試合動画

 対する菅原は、現役美容師ファイターとして、Krushでキャリアを重ねて、20年7月よりスタートしたKrush女子アトム級トーナメントで優勝し、ベルトを巻いた。21年3月にはK-1デビューを果たし、NOZOMIに判定勝利している。戦績は7戦6勝(0KO)1敗。

 1R、両者とも左右のローキックを蹴る。リーチで優る菅原は左の前蹴りで牽制。じりじり圧力をかけるMIOは右ローを蹴る。MIOが距離を詰めて左右のフックをヒット。菅原も右ストレートを見舞う。

 2R、MIOが右ミドルで先制すると、菅原は左の前蹴りを蹴る。じりじり圧力をかけるMIOは菅原をコーナーに詰めて右フックを強打。そのパンチに菅原もカウンターの右ストレートを合わせる。終盤、MIOは右フックを2度打ち込んだ。

 3R、左ミドルを蹴る菅原に、MIOは左右のローキック。今度は菅原が前に出て右ストレートを放つ。MIOの左ジャブが菅原の顔面をかすめる。MIOは、左フックから右ストレート。菅原もワンツーで応戦する。菅原が右アッパーを放つと、MIOも左フックで応戦し終了のゴングが鳴った。

スペシャルラウンドガールの宮本彩希(左)と篠崎こころ(右)がMIOと並ぶ

 両者とも最後まで譲らなかったが、ジャッジは2者がMIOを支持。K-1でMIOが2連勝を飾った。

※全試合結果はこちら

▶︎次のページは、MIO vs 菅原美優の試合動画

●編集部オススメ

・計量パスのMIO「かわいい子、いじめたくなった」菅原美優「怖いな」=本日30日決戦

・【K-1】美女ファイター菅原美優、計量で怖い顔に「すごい緊張してるの」K-1念願の初参戦

・期待の19歳美女 菅原美優、恥じらいながら計量クリアー

・【K-1】壬生狼一輝、延長判定も新鋭・大村修輝を振り切り決勝進出

・K-1ラウンドガールに初の人気コスプレイヤーが決定、篠崎こころ&宮本彩希(写真10枚)=5.30横浜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別