TOP > 試合結果個別

【RIZIN】元谷友貴が岡田遼に勝利しT1回戦突破、打撃戦で“DEEPvs修斗対決”を制す

2021/06/13(日)UP

鬼気迫る表情でパンチを振るう元谷

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.28』
2021年6月13日(日)東京ドーム

▼第4試合 RIZIN JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級トーナメント1回戦
〇元谷友貴(フリー/初代&第3代DEEPフライ級王者、第7代DEEPバンタム級王者)
判定3-0
●岡田遼(パラエストラ千葉/修斗世界バンタム級王者/初)

 元谷はDEEPでフライ級とバンタム級を制した2階級王者。ここ5戦は4勝(3一本)1敗の戦績で、この1敗は昨年大みそかにRIZINで井上直樹にチョークで一本負けしたもの。この悔しさを今年2月『DEEP』での再起戦では元パンクラスライト級王者・昇侍にぶつけ、リアネイキッドチョークで一本勝ちを収めた。

 岡田は17勝のうち6KO/2一本と力強い打撃が武器で現在引き分けを挟み7連勝中。昨年5月に倉本一真をKOして修斗世界バンタム級暫定王座を獲得し、正規王者となった後で今年3月に大塚隆史を判定で降し初防衛を成し遂げた。

 1R、両者すぐに組み合いとなるもここはコーナー際で展開がなくなりブレークとなる。接近戦で元谷は首相撲からのヒザを放ち、岡田はボディフックで対抗。岡田が押して出て、元谷の体がロープから外に出てしまうが、すぐに戻って再開となる。
 跳びヒザ、スイングフックと放つ元谷に岡田はカーフキックで対抗。元谷のヒザ蹴りがローブローとなってしまい一時中断となるが、再開すると岡田はジャブとカーフキック。元谷は再び首相撲からのヒザを見せる。

 2R、岡田はジャブと右ローを放ち、元谷はこれにジャブと右フック。元谷はこのラウンドも首相撲でとらえヒザ蹴りを連打。岡田は強引に腰に組みつき、そこからバックにつく。だが、元谷は立ったまま岡田を振り切り距離を作る。
 元谷はジャブを送り、そこから右スイングフック。岡田は再びカーフキックとジャブ、左フック、右ストレートと放っていく。

 3R、ジャブ、ストレートと真っすぐ系の攻撃を放つ岡田に対し、元谷はスイングフックをクロスでかぶせる。岡田はミドルを返すが、元谷もすぐにフック、ストレートとパンチのヒットを重ねていく。
 後半に入り岡田はタックルでテイクダウン。しかし元谷はフロントチョークの形で岡田をとらえ動きを作らせない。岡田もそこからヴォンフルーチョークを極めんとするが、極めには至らない。

 判定は3-0で元谷となり、DEEPvs修斗対決を制した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN.28】試合結果速報中=6.13東京ドーム

・【テレビ 配信】6.13「RIZIN 東京ドーム大会」のTV放送・ネット配信・生中継情報

・【RIZIN】「前日計量全結果」朝倉未来vsクレベル、那須川、バンタム級GP選手ほか=6.13東京ドーム

・[その他の試合]【RIZIN】スダリオ剛がタップアウトで痛恨の初黒星、重量級ベテラン・シビサイ頌真の“チョークスリーパー”に沈む

・[その他の試合]【RIZIN】初代フェザー級王者・斎藤裕が薄氷のスプリット判定勝利、アゼルバイジャン強豪ケラモフのテイクダウンに苦戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別