TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【RIZIN】朝倉海が“豪腕パウンド連打”で渡部に初回TKO勝利、圧倒的強さでトーナメント1回戦突破

2021/06/13(日)UP

朝倉海が強烈なパンチで襲いかかる

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.28』
2021年6月13日(日)東京ドーム

▼第7試合 RIZIN JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級トーナメント1回戦
〇朝倉海(トライフォース赤坂/初代THE OUTSIDER 55-60kg級王者、第3代RIZINバンタム級王者)
TKO 1R3分22秒 ※パウンド連打
●渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘/初代Fighting NEXUSバンタム級王者)

リングアナを務めた中川翔子

 今大会優勝候補の一角である朝倉は昨年の大みそか、堀口恭司に敗れて以来の試合。堀口のカーフキックで筋断裂し全治一か月となったがそこから新たに体を作り直し復帰戦を迎える。

 そんな朝倉が「1回戦は誰でも良かったのですぐに決まる相手を選んだ」とトーナメントの組合せ抽選会で選んだのが渡部修斗。警戒していても極まってしまう魔法のようだということから「マジカルチョーク」と呼ばれるリアネイキッドチョークを得意とするグラップラーで、今年3月のRIZIN名古屋大会では修斗の強豪・田丸匠にチョークで一本勝ち。下馬評では振りながら「自分も相手も想定していないような展開に持ち込みたい」という大番狂わせを狙う。

レフェリーが止めに入る瞬間

 1R、いきなりタックルは渡部、朝倉は切るが渡部はさらにタックル、朝倉は手でプッシュし突き放すとサッカーキック、パウンドを打ちすぐ離れる。そして再度タックルへ来た渡部をがぶって亀の状態にすると、斜め後方から頭部へヒザを何発も叩き込む。

 離してパンチを狙う朝倉だが渡部はすぐタックル、そこから四つ組みへ変化すると飛びついてギロチンを仕掛ける。朝倉は首にかかった腕を外すと左手で渡部の胸を押さえ、右手で強烈なパウンド。これを連打すると渡部の動きが止まりレフリーがストップした。優勝候補・朝倉が圧倒的な強さで1回戦を突破した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・朝倉海がバキバキの身体! 300gアンダーで計量パス「明日はやるぜ」

・【本日の試合】元UFC井上直樹が衝撃の1R TKO勝利、石渡伸太郎がうつ伏せにマットに崩れる

・朝倉海、練習打ち上げ「仕上がりバッチリ」バキバキボディに反響「まるでブルース・リーだ」

・【本日の試合】スダリオ剛がタップアウトで痛恨の初黒星、重量級ベテラン・シビサイ頌真の“チョークスリーパー”に沈む

・【本日の試合】極真・ベイノアが弥益ドミネーターにスプリット判定負けも、MMAデビュー戦で元DEEP王者に大健闘

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 新着情報 > 試合結果個別