TOP > 試合結果個別

【RIZIN】金太郎、グラチャン王者・伊藤との死闘を制し判定勝利

2021/06/27(日)UP

金太郎(左)が伊藤との勝負を制し判定勝利© RIZIN FF

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.29』
2021年6月27日(日)丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)

▼第12試合 RIZIN JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級トーナメント1回戦
RIZIN MMAトーナメントルール:5分3R(61.0kg)
〇金太郎(パンクラス大阪稲垣組)
判定3-0
●伊藤空也(BRAVE/GRACHANバンタム級王者/初)

“まさかりキック”を効かせる金太郎(右)

 金太郎は『THE OUTSIDER』出身でアグレッシブな戦いが人気の選手。12年からDEEP、パンクラスに参戦し「まさかりパンチ」や「まさかりキック」と呼ばれる強烈な打撃でKOを量産してきた。昨年2月のRIZINデビュー戦で加藤ケンジから初回一本勝ちを収めたが、9月には瀧澤謙太に判定負けを喫した。今回はトーナメント戦であると同時に再起戦でもある。

 対する伊藤は強さを求め名門・BRAVEジムの門を叩いた熱血ファイター。禅道会仕込みの打撃とバランスの良いグラップリングを武器にグラチャンで活躍。昨年9月のバンタム級王座決定戦で獅庵を判定で下し、第6代同級王者となった。今回がRIZIN初参戦となる。

激闘を繰り広げる金太郎(左)と伊藤© RIZIN FF

 1R、サウスポーの金太郎は開始から右フック、左ストレート、ヒザと力を込めた攻撃を振るう。伊藤はしかし左フックと右ストレートで応戦して一歩も引かない。打ち合いの中からタックルに出た金太郎はテイクダウン。そのままサイドポジションについて伊藤を立たせずに抑え込む。

 2R、左右のローにミドルを放つ伊藤に対し、金太郎はヒザと左右フックで打ち合いを展開。そこから金太郎がタックルに出てテイクダウンするが、伊藤が逃れて立ち上がる。
 左ストレート、右フック、左フックと当てた金太郎はコーナーに押し込むが、ここは展開がなくブレークに。
 金太郎は左フック、左ハイ、これに対し伊藤は右フックに力を込め、やはり打ち合いとなる。金太郎が左ミドルを入れれば、伊藤も右の蹴りをミドル、ローと入れ返す。

ハイキックを繰り出す金太郎© RIZIN FF

 3R、伊藤は右インローを当て、前に来た金太郎にストレートのカウンター。これに対し金太郎は前に出てのヒザ、左ストレートと当てる。伊藤はそれでも前に出てくる。金太郎がバランスを崩したところで伊藤はタックルに出るが、これは金太郎がリング外へ出てしまいブレークとなる。
 伊藤は再びタックルに出るが、ここは金太郎が潰して上を取る。しかし伊藤は立ち上がって金太郎をバスターでマットに叩きつける。下にされた金太郎だがフロントチョークを狙い、ここで終了のゴングとなる。

 判定は3-0で金太郎となり、激闘であったが、「今日は絶対勝ちたかったのでちょっとらしい試合ができなくて申し訳ないです。こういう戦い方になってしまいました。次はしっかりKOできるようにレベルを上げていきます」と詫び、「今日は喋ることを決めてないので、またYouTubeで喋ります。またみんな見てください」と話して花道を引き上げた。

▼この試合の動画

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN】サトシ&クレベル“ボンサイ柔術”ヤマニハが1回戦突破!レスリングエリート倉本との激闘を制す

・【RIZIN】瀧澤謙太が薄氷の判定勝利、“今成ワールド”に翻弄されるもステップで逃げ切る

・【RIZIN】元DEEP2階級王者・大塚隆史が1回戦突破、バックコントロールで獅庵を撃破

・【RIZIN】白鳥大珠が皇治からダウンを奪い完勝、ワンデートーナメント制す

・【RIZIN】皇治のバッティングで梅野が続行不可能、まさかのノーコンテストに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別