TOP > 試合結果個別

【DEEP】吉野光がスプリットの判定勝利で原虎徹とのシーソーゲームを制す

2021/07/04(日)UP

グラウンドコントロールする吉野(左)

DEEP事務局
『DEEP 102 IMPACT ~20th Anniversary~ 』
202174日(日)東京・後楽園ホール

▼第3試合 DEEPバンタム級 5分2R
●原 虎徹(CAVE)
判定1-2
〇吉野 光(フリー)

真っ向から打ち合う両者

 原は4才から極真空手を習い、キックボクシング、柔術、ボクシング、レスリングも始め、第2回U-15ボクシング全国大会、第1回ジュニア修斗-44kg、全日本新空手道選手権大会など数々のキックボクシングや柔術の大会で優勝を収めた。そんな中、高校在学中に一時は格闘技から離れたが大学生になりCAVEに入門、先輩の石渡伸太郎に才能を認められプロへの道を進んだ。

 対する吉野は柔道をベースにHEAT、Gladiator、NEXUS、Demolition XFC、PFC、ONE Warrior Seriesと様々な場所でキャリを積んできたファイター。

 1R、吉野はベースの柔道を使い、投げや足払いで原をテイクダウン。立ち上がる原だが、吉野もその度にグラウンドへ戻す。1Rは柔道を活かした組みとテイクダウンで吉野が攻勢。

シーソーゲームを制した吉野(左)

 2Rもパンチを振りながら組みついた吉野が投げを放つが、原が潰して背後につきパンチと鉄槌を見舞う。長くバックをキープしていた原だが吉野は脱して立ち上がり、原を金網に押し込む。最後は打ち合いとなり吉野が左フックを当てて終える。

 判定は2-1で吉野。1R2Rで攻守が入れ替わるシーソーゲームを制した。

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】牛久絢太郎vs中村大介、水野竜也vsジョアンオ・バティスタ・吉村ほか『DEEP 102 IMPACT』生中継・配信情報=7.4後楽園

・【DEEP】試合結果速報中=2021年7月4日(牛久vs中村のフェザー級タイトル戦など)

・【DEEP】大原樹理が悲願の戴冠へ意気込み「しっかりベルトを巻きたい」DEEP4連勝の大木良介「どの場面でも仕留める」=前日計量

・【DEEP】王者・水野竜也が計量パス、ジョアンオへのリベンジ戦に「100%出し切る試合をします。それだけ」と意気込み

・【DEEP】リベンジに燃える王者・牛久絢太郎「挑戦者らしい試合を」41歳を迎えた中村大介「元気はつらつで2階級チャンピオン」と奪取宣言=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別