TOP > 試合結果個別

【K-1】山田真子、再起戦同士の一戦でNOZOMIを降す

2021/07/17(土)UP

山田(右)がフルマーク判定勝利した

K-1実行委員会
『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1ライト級タイトルマッチ~』
2021年7月17日(土)福岡国際センター

▼第3試合 スーパーファイト/K-1女子アトム級
〇山田真子(KINGS)
判定3-0 ※30-28×2、30-29
●NOZOMI(TAD)

 山田は2010年12月に16歳でJ-GIRLS王座を獲得。その後ボクシングに転向し、WBO女子世界ミニフライ級王座を獲得した。2019年11月、約5年ぶりにキックボクシングへ復帰し2連勝。しかし前戦となる今年3月『K’FESTA.4 Day.2』でMIOに判定負け、プロ初黒星を喫した。

 対するNOZOMIはアマチュアで70戦以上のキャリアを誇り、昨年10月のプロデビューから3連勝。未来に輝く金のタマゴを応援するTV番組『ミライモンスター』にも出演経験がある。前戦となる今年3月の『K’FESTA.4 Day.2』で菅原美優に判定負けを喫し、こちらもプロ初黒星。

 ともに初黒星後の再起戦となる。

 1R、ボクシングスタイルで腰を落として構える山田に対し、NOZOMIは持ち味であるフットワークからインローを飛ばす。両者1Rはまだ距離の探り合いとなる。

 2R、NOZOMIは依然ステップからのジャブ、インローと放って前に出るが、近距離では山田が左フックを放ってヒット。押し合いの場面は両者互角も、やや山田が体力でまさって押していく。

 3R、踏み込んでくるNOZOMIに山田はワンツーのカウンター。試合がもつれ組み合いが多くなるが、NOZOMIにレフェリーから注意が出される。山田はNOZOMIのジャブに右クロスを合わせて終了する。

 判定は30-28、30-28、30-29の3-0で山田。再起戦同士の試合で勝利した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【K-1 結果】この大会のその他試合写真、レポート

・【テレビ・配信】7.17福岡『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K-1ライト級タイトルマッチ~ ゴンナパーvs朝久泰央』生中継・放送情報

・[前日計量]元ボクシング世界王者・山田真子と16歳のNOZOMIが計量パス「かっこいい姿を見せたい」(NOZOMI)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別