TOP > 試合結果個別

【RISE】魁斗が長いリーチを生かし勝利、僅差で門口佳佑を振り切る

2021/07/18(日)UP

パンチをヒットさせる魁斗(左)

RISEクリエーション
『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 OSAKA』

2021718日(日)エディオンアリーナ大阪・第一競技場

▼第4試合 フェザー級(-57.5kg) 3分3R延長1R
●門口佳佑(EX ARES/同級2位)
判定1-2 ※29-30×2、30-29
○魁斗(立志會館/SB日本フェザー級2位、RKSスーパーフェザー級王者)

 門口は同級2位の実力者。前戦となる5月に平野凌我に判定勝利を収めた。戦績は9勝1敗1分。対する魁斗は、SB日本フェザー級2位でRKSスーパーフェザー級王者。戦績は10勝2敗。

 1R、門口がサウスポーで左ローを蹴ると、魁斗は右ミドルを返す。両者との左右のローを蹴り合う。魁斗がワンツーを伸ばすと、門口は左ミドルを蹴り込む。右ヒザ蹴りを門口のボディに突き刺す魁斗。

 2R、左右のミドルを蹴り合う両者。魁斗は左右のフックから右ハイキックを繰り出す。門口は左ミドルを蹴り込む。魁斗は右のボディフックからワンツー。門口は左ミドル、ローを走らせる。

魁斗(上)の判定勝利となった

 3R、左ジャブから左ミドルを蹴る門口。魁斗は右ミドルで応戦する。門口の蹴りがローブローとなってしまい、インターバルが取られる。魁斗は左ジャブから右ストレートの打ち下ろし。門口は接近して左のヒザ蹴り。終盤、前進を強める門口は左右のフックを見舞う。魁斗も右ヒザ蹴りで応戦。門口は胴回し回転蹴りを見せた。

 ジャッジは1者は門口を支持するが、2者が魁斗を支持。僅差の判定となったが魁斗が判定勝利した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RISE】7.18 大阪大会 試合結果・速報(-53kgトーナメント1回戦、鈴木真彦vsテーパリット、大雅vs中村寛など)

・【RISE】「前日計量全結果」-53kgトーナメント、元K-1王者・大雅、元WBC王者テーパリットほか計量パス=7.18大阪

・【テレビ・配信】7.18大阪 53kgトーナメント開幕、解説に那須川天心『RISE WORLD SERIES 2021 OSAKA』生中継・配信情報

・【RISE】王者ベイノア、今回は”芸人”として本日の大阪大会の前説へ「タオル買って応援してね、前説の」

・【RISE】田渕涼香が判定勝利で連敗脱出、手数と多彩なステップで花田を退ける

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別