TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【RISE】政所仁、必殺の右ストレートで元王者・田丸からダウンを奪いリベンジ成功=53kgT1回戦

フォロー 友だち追加
2021/07/18(日)UP

政所(右)がパンチでダウンを奪う判定勝ちで準決勝に進出した

RISEクリエーション
『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 OSAKA』

2021718日(日)エディオンアリーナ大阪・第一競技場

▼第10試合 RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント 一回戦④ 3分3R延長1R
◯政所仁(魁塾)
判定3-0 ※30-27×2、30-28
●田丸辰(TRY HARD GYM)

田丸がヒザ蹴り、しっかり受けてアグレッシブに攻める政所

 政所は長島☆自演乙☆雄一郎を輩出した、関西の名門キックジム魁塾所属のファイター。破壊力あるパンチを武器に多くの強豪を破ってきた。今年に入り調子は絶好調。2月に日畑達也を3R KOで下し、WBKF世界スーパーフライ級王者に。続く5月のRISE DoA選抜マッチで溜田蒼馬を初回KOで下した。2戦連続KOの勢いでDoAトーナメントを迎える。

 対する田丸は、初代RISEスーパーフライ級王者で本トーナメント参加選手の中で最年少の19歳。昨年9月に大﨑一貴に判定負けし、今回が復帰戦となる。政所とは195月に対戦しており、その時は、田丸が判定勝利を収めた。

政所の蹴りで攻め込む

 1R、サウスポーの田丸と、オーソドックスの政所。田丸はインロー、政所はミドル、ハイを散らし様子を見る。中盤、政所が虚を突き、踏み込んだ右ストレートをヒットさせる。田丸はすかさずクリンチするも、一瞬腰が落ちる。更に政所がコーナーに詰めては顔面に右ヒザをヒット。

 2R、田丸が刻むステップのペースが早まる。中盤、右ストレートがヒットし田丸がロープまでふっとばされる。さらに政所はこのノーモーションの伸びる右ストレートをボディにも突き刺す。田丸もハイキックや得意のパンチコンビネーションを出すが、政所はバックステップでかわし回りこむ。その後もローからのフェイントで右ストレートを繰り出す政所。

 3R、田丸がジャブからのパンチ連打で飛び込むが、政所にいなされる。田丸は気負ったか、政所を掴んで投げ。田丸にイエローカードが出される。政所が田丸の金的を蹴ってしまい、一時試合が止まる。
 再開後、政所がミドルを蹴っては離れるスピードファイトを展開。さらにはコーナーから回り込んでの右ストレートをクリーンヒット、田丸は吹っ飛び、アゴが上がる。

 その後も田丸の攻撃をいなす政所だが、田丸が詰めてきた所に右ストレートをヒットさせると、ついに田丸がダウンする。悔しげにロープを叩き、即座に立ち上がる田丸。残り1分だが、政所優勢のペースで試合が終了した。
 判定で政所が勝利し、見事にリベンジを果たした。

 政所はマイクで感謝の気持ちを述べた後「この前、田丸選手に負けてしまって、リベンジだったんですけど。今のチャンピオンの大崎選手より、僕のほうが圧倒的に田丸選手を倒したんじゃないですかね。これから僕に注目してください」と自信満々の笑顔でコメントした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RISE】7.18 大阪大会 試合結果・速報(-53kgトーナメント1回戦、鈴木真彦vsテーパリット、大雅vs中村寛など)

・【RISE】「前日計量全結果」-53kgトーナメント、元K-1王者・大雅、元WBC王者テーパリットほか計量パス=7.18大阪

・【RISE】王者ベイノア、今回は”芸人”として本日の大阪大会の前説へ「タオル買って応援してね、前説の」

・【RISE】大﨑孔稀、金子梓とのハイスピードバトル制す!リザーバー権利を獲得

・【RISE】平野凌我、右フック一閃で衝撃KO勝利!YU-YAを担架送りに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別