TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ボクシング】パッキャオ接戦も判定負け、ウガスのリーチと右フックに苦しむ、引退は「もう少し休んでから考える」(試合結果)

2021/08/22(日)UP

パッキャオ、いつものように飛び込んでからの連打も出たが、判定で敗れてしまった(Naoki Fukuda)

 本日22日(日本時間)米ラスベガスTモバイルアリーナにて行われた『プロボクシングWBAスーパー世界ウェルター級タイトルマッチ』でWBAウェルター級スーパー王者のヨルデニス・ウガス(35=キューバ)がWBAウェルター級休養王者のマニー・パッキャオ(42=フィリピン)を判定3-0で下しスーパー王座の初防衛に成功した。

【フォト】ESPNのスコアカード、競り合った内容だ

 サウスポーのパッキャオは右のジャブ、右フックをヒットさせていく良い立ち上がり。9cm身長の高いウガスはオーソドックスの構えから伸びるジャブ、ボディストレートでラウンド後半から反撃しペースを握り始める。

 3Rにはパッキャオが右ストレートでロープに追い込むとボディブローでウガスの動きを止める。しかし、以降のラウンドはウガスのリーチあるジャブ、そして伸びる強烈な右フックをヒットさせる。パッキャオは苦しみながらも5R後半から手数も多くなる。
 8Rにウガスの右フックがヒットしバランスを崩すパッキャオ。以降、ウガスの右フックをガードしてもバランスを崩す場面が目立つ。
 最終の12Rもウガスの大きく振りかぶった右フックでガードしながらも度々バランスを崩すパッキャオ。手数が少なくなるパッキャオだったが最後は反撃し、クリーンヒットは奪えずも試合を終えたが、判定はウガスとなった。

ESPNのスコアカード、競り合った内容だ(@ESPNKnockOutより)

 パッキャオは2019年7月の最終戦でキース・サーマンを破りWBAスーパー王者となったが、それ以降試合ができておらず、WBAは今年1月、パッキャオを休養王者に降格。レギュラー王者だったウガスがスーパー王者に昇格したが、パッキャオは元々持っていたスーパー王座を実力で取り戻すことはできなかった。

 勝ったウガスは「言った通りだ、俺がチャンピオンだ。本当に強い相手だった。でも勝ったのは俺だ。チャンピオンを証明するために来たんだ」と語った。

 負けたパッキャオは、2週間前にサウスポーのエロール・スペンスから、オーソドックスファイターのウガスに変わった。サウスポー対策をしてきたが、戦い方を変える必要性があった。そのことが敗因かと聞かれると「相手が変わっていろいろ対応しないと、と思っていました。確かに苦しい試合だった。微調整も大変だった。その辺が今日の問題点、対応力が足りなかったのかも知れません。(ファンに)こういう結果ですみません。今後についてはもう少し休んでから考えます」と引退の明言を避けた。
 来年5月のフィリピン大統領選挙への出馬については「ボクシングより大変な問題が政局にはある」とし来月発表するとした。

●編集部オススメ

・【ボクシング】8.22「パッキャオvsウガス」全試合結果

・テレビ: 8.22「パッキャオvsウガス」ボクシング TV生中継、放送、配信情報

・パッキャオ「KOのチャンスがあれば狙っていく」=本日22日ウガス戦

・パッキャオ、バキバキの筋肉で計量パス、ウガスも身体を仕上げリミットでパス

・[本日の試合]マグサヨが元世界王者セハに衝撃の失神KO勝利、世界挑戦の切符を手に入れる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別