TOP > 試合結果個別

【RISE】KINGレイナがグラウンド戦に持ち込むも、村上悠佳もマウント取り返す激闘=EXマッチ

2021/09/12(日)UP

エキシビションで激闘を繰り広げた村上悠佳(左)とKINGレイナ

RISEクリエーション
『RISE GIRLS POWER.5』

2021年9月12日(日)東京・後楽園ホール

▼第4試合 Spcial エキシビション マッチ 3分1R
−KINGレイナ(フリー)
エキシビションのため勝敗無し
−村上悠佳(TEAM TEPPEN)

 当初、村上は浅井春香(Kick Box)と対戦予定だったが、浅井が新型コロナウイルス濃厚接触者となったため欠場。そのため、エキシビションとして、村上とKINGレイナが対戦することが決定した。

 レイナは、DEEP JEWELSやRIZINでMMAファイターとして活躍しているが、昨年はDEEPのリングでキックボクシングルールに挑戦、18年8月と今年7月にはシュートボクシングのSBルールでも試合を経験している。今回RISEには初登場となる。

村上がマウントを返し、レイナにパンチを振るわんとするとレフェリーが慌てて止めた

 一方の村上は、空手仕込みの破壊力抜群の蹴り技を得意とし、“破壊姫”の異名も持つ。

 今回は”減量無し”で参戦するレイナは、風格たっぷりにリングの周りを一周して入場。
 村上と向かいあうと見た目10kg以上の差はありそうだ。

 ゴングが鳴ると、村上が細かくローを入れる。これにレイナもローを返すと、重い音が会場に響き渡る。

 圧力をかけ、インステップでパンチ主体にどんどん攻めるレイナ。右ロングフックが村上の顔面を捉える場面も。

パンチをヒットさせるレイナ

 村上は細かく動いてはパンチローを出すが、気づけばロープに追い詰められ気味だ。
 ここで起死回生のミドルを村上が放つと、レイナはその蹴り足を取り村上を倒す。

 MMAの血が騒いだのか、倒すだけで飽きたらず、馬乗りになってはグラウンドでもプレッシャーをかけるレイナ。
 しかし村上も負けじとマウントを返し、あわやパンチを振るわんとする所で、レフェリーが慌てて止めた。
 ”スタンドへ戻った”村上が前へ出るが、レイナは落ちついてスウェーで避ける。最後は打ち合い気味で、両者フックを振るいヒットさせ合ってみせた。

 エキシビションは1Rで終了。レイナはコメントで、7月のシュートボクシングで敗れた未奈と、10月23日に再戦すると告知した。
 村上もマイクを握り、今回流れた浅井との試合を希望した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・寺山日葵と小林愛三が計量パス、“国内最強決定戦”へ意気込み

・【DEEP】KINGレイナ、初のキックルールも判定辛勝

・“17歳女子高生ファイター”AKARIが水着姿で砂浜ハイキック!階級上の女王に挑戦する姿に「仕上がっている、昔のRENAみたい」とファン歓喜

・“モデル級”グラマラスボクサー、計量でのランジェリー姿に批判もプロとしてこだわり=本業は教師

・8頭身女子ファイターAKARIが計量パス、YAYAに「優越感に浸れるのは今のうち」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別