TOP > 試合結果個別

【RIZIN】”ブランニュー”矢地祐介が武田光司を破り2連勝「年末、サトシ王者に挑戦したい」とリベンジ戦を希望

2021/09/19(日)UP

矢地が打撃でリードした

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.30』
2021919日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第5試合 スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分 3R(71.0kg)
●武田光司(26=BRAVE)
判定0-3
〇矢地祐介(31=フリー) 

1R 、グラップリングで攻める武田光司

 武田は高校時代に5冠を達成したレスリングエリートで現DEEPライト級王者。昨年9月に修斗世界ライト級王者・川名TENCHO雄生に判定勝利し、今年3月にはパンクラス・ライト級王者・久米鷹介を撃破している。

 矢地は元修斗環太平洋フェザー級王者。16年からRIZINに参戦し5連勝の後、ジョニー・ケースや朝倉未来、ホベルト・サトシ・ソウザら強豪勢に敗れスランプに。しかし練習環境を一新し、今年6月『RIZIN.29』で川名TENCHO雄生を判定で破り勢いに乗る。

1R 、グラップリングで攻める

 1R、矢地は開始すぐに飛びヒザを見舞ってヒット。だが武田もすぐに右フックを当てる。組みついた武田は矢地をフロントスープレックスで投げアームロック。腕を大きく曲げられた矢地だが、こらえて無効化して立ち上がる。武田が組んでくると矢地は顔と腹へのヒザを打ち込む。 

 2Rも前に出た武田は矢地に組みつくと背後に回る。コーナーに押し込み矢地にヒザを見舞っていく。矢地は向き合いヒザを返すが、これが武田にローブローとなりややインターバルが取られる。

 再開後、武田が組みつくが矢地が足の外掛けでテイクダウン。倒れ際、下にされた矢地だが腕十字を仕掛け、これはだが武田が体を回して掛けさせない。 

矢地の左ストレートがクリーンヒットする瞬間

 3R、矢地は距離をあけて左ストレートと右フック。武田に組まれ押し込まれてもテイクダウンを許さない。矢地は離れれば右ジャブと左ストレート、組まれてもテイクダウンをディフェンス。最後もスタンドで左ストレートと右フックを当てて終了する。

 判定は3-0で矢地。勝利すると「国内3団体を統一した武田選手にしっかりした形で勝ててすごく嬉しいです」と喜び、「年末、サトシ王者にできれば挑戦したいと思ってます。時間あるのでもう少し技術上げてベルト獲ってみんなでお祭り騒ぎしたいと思ってます」とタイトル戦をアピールした。

『RIZIN.30』9.19 試合結果速報

▼この試合の動画

●編集部オススメ

・『RIZIN.30』9.19 試合結果速報

・テレビ:9.19『RIZIN.30』朝倉海vsヤマニハほかTV放送・ネット配信・生中継情報=さいたまSA

・【RIZIN】豪腕対決は昇侍が衝撃の失神KO勝利!“二刀流”のKNOCK OUT王者・鈴木千裕を下す

・“三日月蹴り”で悶絶ダウン!全勝サントスのデビューKO勝利に「恐ろしい新人が現れた」解説が絶賛=ベラトール

・【RIZIN】ぱんちゃん璃奈が悲願のRIZINデビュー勝利、判定で百花を下す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別