TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【K-1】ウェルター級トーナメント開幕、優勝候補・野杁正明が壮絶1RKO勝利、順当に1回戦突破!

2021/09/20(月)UP

野杁が1R KOで準決勝進出

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~』

2021年9月20日(月・祝) 神奈川・横浜アリーナ

▼第2試合/【株式会社メディオック Presents】K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
◯野杁正明(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
KO 1R2分10秒 ※右フック
●FUMIYA(日本/ポゴナ・クラブジム)

 野杁は空手をベースにガードを固めて圧力をかけ続けるスタイルで、新生K-1創成期から活躍。17年にはゲーオ・ウィラサクレックを下して王座を戴冠。その後、ウェルター級に変更して、ハッサン・トイやヴィトー・トファネリなどの強豪外国人に次々と勝利している。現在、海外選手相手に5連勝中だ。

【連続写真&動画】野杁の強烈な右拳で、FUMIYAが壮絶ダウン!

 野杁はトーナメント初戦で当初、加藤虎於奈と対戦する予定だったが、加藤の欠場に伴い、緊急参戦のFUMIYA(27=ポゴナ・クラブジム)と激突する。FUMIYAは驚異の身体能力を武器に多くのKOの山を築いてきた“KOアーティスト”。今年6月のKrushで絢太から秒殺KO勝利、続く8月のビッグバンでは山際和希に初回KO勝利を飾っている。

 1R、ゴングと同時に飛びヒザで入るFUMIYA。野杁は落ち着いてディフェンスし、前進して圧力をかける。
 左右フックからのロー、得意のバックブロー連発のFUMIYAに、野杁の右クロスがヒットしFUMIYAはよろける。
 ロープ際に詰めた野杁が、接近戦の右ヒザで突き放すと、下ろしざまに左ストレート。まともに食らったFUMIYAが跳ね上がるようなダウン。

 フラつきながらも立ち上がるFUMIYAに、野杁が連打。FUMIYAもラッシュで抵抗するが、またも野杁がコーナーに追い詰める。ボディに右ヒザを入れ、突き放した所からフック連打の野杁。とどめは右フックでFUMIYAがコーナーに崩れ落ち、すかさずレフリーが試合を止めた。

 FUMIYAは意識はあるも自力では歩けず、即座にセコンドに抱えられ退場。野杁が下馬評通りの圧倒KO劇で準決勝へ駒を進めた。

▶︎次ページは【連続写真&動画】野杁の強烈な右拳で、FUMIYAが壮絶ダウン!

●編集部オススメ

・2階級制覇に挑戦する野杁正明、対抗馬の安保瑠輝也に「負ける要素は1mmもない」=9.20ウェルター級T

・【テレビ・配信】9.20「K-1横浜大会」安保瑠輝也、野杁正明ら出場ウェルター級トーナメントなど生中継・放送情報

・安保瑠輝也がバキバキの”シックスパック”腹筋を披露「俺が有言実行のカリスマか、ただの口だけか、必ずベルトを獲る」

・初参戦の石井慧、110kg越えの“ゴリゴリマッチョ”で登場、”ふんどし姿”愛鷹亮と14kg差=前日計量

・K-1に”ラスボス”降臨!小林幸子が何とラウンドガールに決定!「皆さんに笑顔になってもらえたら」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 新着情報 > 試合結果個別