TOP > 試合結果個別

【K-1】松岡力が静から動の怒濤ラッシュ、ドゥワンソンポンをKOに沈める=ウェルター級T

フォロー 友だち追加
2021/09/20(月)UP

強烈なパンチで攻める松岡

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~』

2021年9月20日(月・祝) 神奈川・横浜アリーナ

▼第4試合/【株式会社メディオック Presents】K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
◯松岡力(日本/K-1ジム五反田チームキングス)
KO 2R3分 ※パンチ連打
●マキ・ドゥワンソンポン(タイ/真樹ジムAICHI)

 松岡は今年4月に加藤虎於奈を破りKrushウェルター級王座を獲得してのK-1トーナメント出場。
 対するドゥワンソンポンはタイ出身で強烈なフックとローキックを武器とするアグレッシブなファイター。8歳からムエタイを始め、現在は日本の真樹ジムAICHIでトレーナーをしながら戦っている。

【動画】松岡が怒涛のパンチラッシュ!ドゥワンソンポンは棒立ち

 1R、両者落ち着いた立ち上がり。松岡が前蹴り、ハイ、飛びヒザと単発の蹴りを放ってゆく。すると突如松岡が右ミドルからパンチ連打、ローとギアを一気に入れる。その後は松岡のヒザなど単発に対し右フック、ローを合わせようとするドゥワンソンポン。

松岡がヒザ蹴りを突き上げる

 2R、やはり松岡がミドルなど先手を取るも、ドゥワンソンポンもミドルや打ちおろしの右フックで攻勢に。ドゥワンソンポンの攻め終わりには、落ち着いてジャブを入れる松岡。下がりながらドゥワンソンポンにジャブ、前蹴りを入れていた松岡が接近戦で右ヒザを入れると、またもスイッチが入ったように左右のフック連打。
 右のハイキックや上段ヒザもヒットさせる。ロープに追い込み、左右フックアッパーで顔面を連打。防戦一方のドゥワンソンポンにレフリーがスタンディングダウンを取る。

レフェリーが試合を止めた

 グローブを構えるも鼻血まみれのドゥワンソンポン。上がったギアを下げずに連打をやめない松岡。ドゥワンソンポンは背を向けるように亀になり、レフェリーがストップした。

 松岡が”静から動”のトップギア戦法で、安保瑠輝也の待つ準決勝へ駒を進めた。

▶︎次ページは【動画】松岡が怒涛のパンチラッシュ!ドゥワンソンポンは棒立ち

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】9.20「K-1横浜大会」安保瑠輝也、野杁正明ら出場ウェルター級トーナメントなど生中継・放送情報

・K-1に”ラスボス”降臨!小林幸子が何とラウンドガールに決定!「皆さんに笑顔になってもらえたら」

・初参戦の石井慧、110kg越えの“ゴリゴリマッチョ”で登場、”ふんどし姿”愛鷹亮と14kg差=前日計量

・【K-1】9.20 横浜大会の試合順が決定、メインはウェルター級T決勝、セミは京太郎vsカリミアンのKO必至のバトル

・K-1ファイター菅原美優が1st写真集『きゅんです』発売、美ボディで水着やバニーガール姿も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別