TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【K-1】野杁正明が新鋭の寧仁太・アリをボディで92秒葬、圧倒的な強さで決勝へ

2021/09/20(月)UP

左ローを蹴り込む野杁

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~』

2021年9月20日(月・祝) 神奈川・横浜アリーナ

▼第12試合/【株式会社メディオック Presents】K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R
◯野杁正明(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
KO 1R 1分32秒 ※左ボディ
●寧仁太・アリ(ガーナ/K-1ジム総本部チームペガサス)

左前蹴りを効かせる野杁

 1回戦で小嶋瑠久に判定勝ちした寧仁太・アリと、FUMIYAに1R KO勝利した野杁正明との対決。

 1R、アリはジャブから右ロー、野杁は落ち着いてローをカットしては左ローを返す。野杁は左ミドルや左の三日月、左ローと散らし、アリも右ミドルやヒザを放つ。

野杁が左ボディフックを叩き込む

 1分過ぎ、野杁の左前蹴りが入ると、アリが効いたように上半身をかがめる。見逃さない野杁は左ミドル、左ボディと的確に攻めると、アリはたまらずヒザをつく。

 立ち上がったアリだが、野杁はここぞとばかりに左ミドルから左ボディと、レバー攻撃を連射。詰められながらも飛びヒザで応戦のアリだが、野杁はダブルの左ボディフック。これでアリが腹を抱えリングへ倒れ込んだ。

アリは苦悶の表情でダウン

 トーナメントでは2度のダウンでKO勝利。KOタイムは1分30秒。野杁はほぼ息も切らさず勝ち名乗りを上げた。

 1回戦、準決勝と1R KOし、ほぼ無傷と思われる状態で野杁が決勝へ駒を進めた。

▶︎次ページは【動画】野杁の圧倒的なKOショー!新鋭・アリが何もできず

●編集部オススメ

・ウェルター級トーナメント開幕、優勝候補・野杁正明が壮絶1RKO勝利、順当に1回戦突破!=本日の試合

・優勝候補の安保瑠輝也がソアレスを衝撃の31秒KOで沈める=本日の試合

・2階級制覇に挑戦する野杁正明、対抗馬の安保瑠輝也に「負ける要素は1mmもない」=9.20ウェルター級T

・初参戦の石井慧、110kg越えの“ゴリゴリマッチョ”で登場、”ふんどし姿”愛鷹亮と14kg差=前日計量

・【テレビ・配信】9.20「K-1横浜大会」安保瑠輝也、野杁正明ら出場ウェルター級トーナメントなど生中継・放送情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 新着情報 > 試合結果個別