TOP > 新着情報 > 試合結果個別

 【K-1】“特別ラウンドガール”小林幸子も大興奮!龍華が蓮實光をハイキックで倒して8連勝

2021/09/20(月)UP

19歳・龍華(左)がKO勝利、ラウンドガールを務めた小林幸子(右)も祝福

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~』
2021年9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナ

▼第5試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
〇龍華(日本/TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)
KO 2R 1分48秒 ※左ハイキック
●蓮實光(日本/パラエストラ栃木) 

ミニスカートのド派手衣装で登場した小林幸子

 龍華は2019年・2020年とK-1甲子園を連覇。2018年11月にプロデビュー。サウスポーから繰り出される多彩な打撃が持ち味で、今年3月の弘輝戦でKO勝ちを収めて第1試合から大会に火をつけた。蓮實は、柔道をバックボーンにMMAでデビューし、ミャンマーラウェイでの戦いも経験してきた異色のファイター。今年3月には卜部功也と熱戦を繰り広げたばかりだ。

【動画】小林幸子も絶賛の龍華の鮮烈ハイキック!“ラスボス”感満載の小林幸子のラウンドガール姿も(写真あり)

このハイキックで最初のダウンを奪う龍華

 スペシャルラウンドガールには、“ラスボス”と呼ばれる小林幸子が降臨。まだラウンド間ではないが、オープニングにいきなりミニスカートでド派手に登場し、「わたくしはK-1が初めてです。こんなに興奮して始めさせてもらうのは、初めてです。選手のみなさん、勇気と希望と興奮をあげてください。ウフ」と素敵にコメントした。

  1R、サウスポーの龍華は前蹴り、ジャブでリズムを刻む。蓮實はローキック。龍華は左ストレートで突き刺す。前足にもローキックをヒットさせて攻撃を散らす。蓮實はプレッシャーをかけながら右フック、右ハイキック。龍華はイン、アウトでステップして攻撃を繰り出した。

蓮實が最初のダウンを喫する

  2R、小林幸子がラウンドガールで会場を盛り上げる。龍華は、ジャブ、前蹴りで距離をとる。蓮實は、前へ出てパンチを繰り出す。龍華はミドル、ワンツーでリズムを刻み、左ハイキックでダウンを奪った。さらに左ハイキックで蓮實がダウン。KO勝ちで龍華が世代交代をアピールした。KOした龍華は「前回に続き、K-1参戦。KOできてホッとしています。これで8連勝目、3KOなのでもっとチャンスをください」とコメント。最後は、小林幸子とツーショット撮影会で白い歯がこぼれた。

▶︎次ページは、【動画】小林幸子も絶賛の龍華の鮮烈ハイキック!“ラスボス”感満載の小林幸子のラウンドガール姿も(写真あり)

●編集部オススメ

・【試合結果】『K-1』9.20 試合結果 速報 K1 横浜アリーナ大会

・【テレビ・配信】9.20「K-1横浜大会」安保瑠輝也、野杁正明ら出場ウェルター級トーナメントなど生中継・放送情報

・K-1に”ラスボス”降臨!小林幸子が何とラウンドガールに決定!「皆さんに笑顔になってもらえたら」

・【K-1】9.20横浜 前日計量 全員パス=安保瑠輝也らウェルター級王座決定T、京太郎vsカリミアン、石井慧vs愛鷹亮など

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 新着情報 > 試合結果個別