TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【K-1】”野獣化”芦澤竜誠が、卜部弘嵩との再戦を大差で制する

2021/09/20(月)UP

気迫の表情でジャブを打つ芦澤

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~』

2021年9月20日(月・祝) 神奈川・横浜アリーナ

▼第18試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●卜部弘嵩(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
判定0-3  ※28-30×2、27-30
◯芦澤竜誠(日本/DRAGON FISH)

 卜部弘嵩はかつてK-1スーパーフェザー級(60.0kg)の頂点に立った実力者。19年11月には、2階級制覇を目指し、1階級下げてフェザー級(-57.5kg)のトーナメントに参戦。その後はリングから離れていたが、昨年12月に才賀紀左衛門戦で復帰。しかし、戦前の計量オーバーと試合中に度重なるローブローにより反則負けとなっていた。

 芦澤竜誠は「K-1の悪童」の異名のとおり、ビッグマウスと派手な試合運びで人気を博すファイター。19年6月の敗戦後、一時K-1からの引退を表明していたが、20年9月に復帰を発表。同12月には島野浩太朗との壮絶な打ち合いを制しKO勝利で復活を遂げたが、今年3月の村越優汰戦で村越のテクニックに翻弄され、判定負けを喫した。

【動画】芦澤の“必殺”怒涛ラッシュ!ふらつく卜部がダウン寸前

 両者は18年11月に対戦。その試合では芦澤が先にダウンを奪うも、その後に盛り返した卜部が逆転KO勝利を飾った。

ハイキックを繰り出す卜部

 1R、脱力し落ち着いた様子で構える芦澤。卜部はガードを高く上げ、鋭いミドル、ロー、ハイを放つ。芦澤はジャブ、前蹴りで牽制しつつ様子見。卜部は積極的にパンチコンビネーションを放つが芦沢の左ボディが入る。攻めたい卜部だが、R最後まで芦澤はペースを崩さずいなす。

 2R、芦澤が上下のロングフックで攻める。咆哮しながら前蹴りを放つ芦澤。モードが変わったのか。さらに軽やかなステップからボディがはいる。卜部はローで攻めるも芦澤のジャブ、パンチコンビネーションに阻まれる。ラスト1分、芦澤がニヤリと笑顔を見せながら飛び込みのストレート、前蹴りで積極的に攻める。さらにリズムに乗ったパンチからの後ろ蹴り。卜部は手が出ない。

芦澤(左)が卜部をコーナーに追い込む

 3R、芦澤が吠えながらストレート、ヒザ。一撃ごとに咆哮してはヒットさせ完全に芦澤のペースだ。中盤過ぎ、芦澤の右ロングフックが卜部の動きを止める。野獣さながらコーナーに追い込み連打の芦澤。両手を広げ挑発してはまたもボディ、ヒザと攻める。

 レフェリーはストップしないが、卜部はほぼ動けない。コーナーから逃れフラつきつつもローを放つ卜部。芦澤の右フックに再び卜部の動きが止まる。しかし最後はチャンスを狙い、全力を振り絞ったか、鋭い左右ハイ連打の卜部。ここでゴングが鳴った。

 判定は芦澤が30-28×2、30-27 と完勝。芦澤は3年前の敗北を完勝で拭った。

▶︎次ページは【動画】芦澤の“必殺”怒涛ラッシュ!ふらつく卜部がダウン寸前

●編集部オススメ

・[本日の試合]安保瑠輝也がまたしてもKO勝利で、野杁正明の待つ決勝へ

・卜部弘嵩が妻・高橋ユウの目前で芦澤竜誠に逆転KO勝ち=18年

・進化する芦澤竜誠が“レベル上”の俊敏テクニックを披露、雪辱相手の卜部兄に「リスペクトしてるが、今は強さの牙が抜けてる、普通にもう終わり」

・[本日の試合]野杁正明が新鋭の寧仁太・アリをボディで92秒葬、圧倒的な強さで決勝へ

・[本日の試合]初参戦・石井慧がゴリゴリのパワーで愛鷹亮を下す、継続参戦を希望

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 新着情報 > 試合結果個別