TOP > 試合結果個別

【K-1】“湘南の蹴撃スナイパー”村越優汰、KOマシーンの西元也史を完封、初回にダウンも奪う

2021/09/20(月)UP

試合巧者の村越(左)が西元を完封し判定勝ち

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~』
2021年9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナ

▼第17試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
〇村越優汰(日本/湘南格闘クラブ)
判定3-0 ※30-27×2、30-26
●西元也史(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

1R、カウンターの右フックで西元(右)からダウンを奪った村越

  前フェザー級王者の村越とハードパンチャーの西元が対決する。村越は、キックボクシングだけではなくゴルフもプロ級の腕を持つ二刀流の異色選手。試合巧者でペースをつくる能力に長けており、“湘南の蹴撃スナイパー”の異名を持つ。
 対する西元は、今年5月のK-1横浜武道館大会でMOMOTAROを左フック一撃で沈めたKOマシーン。

  1R、西元が前へ出ていく。村越は前蹴り。いきなりカウンターの右フックで、村越がダウンを奪う。立ち上がった西元は、前へ出て蹴っていく。村越は右フックを合わせる。西元はローキックで削る。村越は前蹴りのストッピング。西元はフックを放つが、村越はガード。村越はインロー、前蹴りで距離をとる。西元はフック、ヒザ蹴りで攻撃する。

  2R、村越はローキック。西元は前へ出て、右フックを放つが空振り。村越は左ハイキック。西元の左フックに、村越が右フックを合わせようとする。前へ出る西元に、村越はカウンターのフックとヒザ蹴り。西元の右が飛ぶが、村越は紙一重でかわす。西元が前へ出てくると、村越がハイキックやヒザ蹴りで応戦する。

  3R、後のない西元はハイキック。村越はミドルキックを連発。首を振る西元は、ローキックでダメージを与えていくが、崩せない。村越は下がりながら、カウンターを狙う。様子を見る西元にミドルキック。西元は強引に入っていくが、村越にかわされる。ボディストレートの村越。西元の剛腕は空を切る。完封した村越が、判定3-0で勝者となった。

▶︎次ページは【動画】“湘南の蹴撃スナイパー”村越優汰がダウンを奪った瞬間

●編集部オススメ

・【試合結果】『K-1』9.20 試合結果 速報 K1 横浜アリーナ大会

・[この日の試合]野杁正明が新鋭の寧仁太・アリをボディで92秒葬、圧倒的な強さで決勝へ

・[この日の試合]安保瑠輝也がまたしてもKO勝利で、野杁正明の待つ決勝へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 試合結果個別