TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【K-1】怪物覚醒!野杁正明が安保瑠輝也を沈め、パーフェクト優勝、第2代ウェルター級王者に

2021/09/20(月)UP

野杁(左)が安保(右)を3RでKO、新K-1ウェルター級王者となった

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~』
2021920日(月・祝)神奈川・横浜アリーナ

▼第21試合/【株式会社メディオック Presents】K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント・決勝/3分3R・延長1R
〇野杁正明(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
KO 3R 2分51秒 ※三日月蹴り
●安保瑠輝也(日本/CLUB es/team ALL-WIN)

 第2代ウェルター級王座決定トーナメント決勝は、やはり優勝候補の安保瑠輝也と野杁正明の顔合わせとなった。ふたりとも初戦、準決勝すべてKO決着で勝ち上がり、絶好調。頂上決戦の最後に笑うのは、どちらか⁉ ついに雌雄を決する時がきた。

【動画】野杁のフィニッシュ3連発!苦悶の表情で立ち上がる安保にトドメの一撃も

 決勝のみガウンを着て先に入場した安保は、リングインすると絶叫した。続いて登場した野杁もダメージがない様子で、気合いは十分だ。

カーフキックを効かせる野杁

 1R、最初に攻撃したのは安保だ。安保がジャブをつくと、野杁はローキックを返す。右のパンチの安保。野杁はガードする。前蹴りの野杁。安保はフックを放つが入らない。野杁は攻撃を見切る。安保は右フックから左フック。野杁はローキック。安保は二段ヒザ蹴り。さらに右ヒザ蹴り、サイドキック。野杁は、それでも圧力をかける。安保はフック。野杁もフックを返す。コーナーへ詰めての左右のフックを放つ野杁。安保はフックを返して、回り込む。

野杁が強烈なパンチを叩き込む

 2R、野杁が前へ出てインロー。安保が右のパンチ。野杁は距離を詰める。安保はジャブ、二段蹴り、ヒザ蹴り。野杁はかわしながら、距離を詰めると右フック。サイドキックの安保。野杁が右フック。安保は左のパンチ。野杁はノーモーションで右のパンチ。左から右アッパーを返す安保。野杁はミドルキック。前へ出る野杁が、やや優勢か。

  3R、ほぼ互角のまま最終ラウンドへ。野杁はローキック。安保は右フック、左フック、胴廻し回転蹴り。これをかわした野杁は、カーフキックを連発。構えを変える安保。左ボディを入れる安保は、ショートのフックを返す。野杁は右、左フック。さらに左ボディでダウンを奪う。野杁は、立ち上がった安保に三日月蹴りでダウンを奪う。それでも立ち上がる安保。最後は三日月蹴りで倒して、野杁がパーフェクト優勝を飾った。

愛する家族と記念写真に収まった野杁

  2階級を制覇した野杁は「まず初めに、僕以外のほかの選手がいたからトーナメントが開催することできました。感謝しています。ありがとうございました。外国人選手がいない中、世界一ではないかもしれませんが、瑠輝也と僕は世界でトップだと思っているので、決勝を戦えてよかったと思っています。瑠輝也は必ずここから這い上がって、僕のベルトを目指してくると思うので、何回やっても甘くないぞと思わせる内容を見せたいと思います。瑠輝也のこれからの復活も楽しみにしてください。海外の選手が呼べるようになったら、3人の外国人と僕の4人で世界トーナメントをやりたいと思います。その時は、また応援をお願いします。最後に怪物でしたよね、魔裟斗さん(笑)‼」と満開の笑顔を見せた。

▶︎次ページは【動画】野杁のフィニッシュ3連発!苦悶の表情で立ち上がる安保にトドメの一撃も

●編集部オススメ

・【試合結果】『K-1』9.20 試合結果 速報 K1 横浜アリーナ大会

・[この日の試合]“特別ラウンドガール”小林幸子も大興奮!龍華が蓮實光をハイキックで倒して8連勝

・[この日の試合]カリミアン、元ボクシング王者・京太郎とのパンチ合戦を制す

・[この日の試合]初参戦・石井慧がゴリゴリのパワーで愛鷹亮を下す、継続参戦を希望

・[この日の試合]野杁正明が新鋭の寧仁太・アリをボディで92秒葬、圧倒的な強さで決勝へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 新着情報 > 試合結果個別