TOP > 試合結果個別

【RISE】”恋リア”有井渚海、華麗な手数見せつけランカー相手に完勝

2021/09/23(木)UP

キックを繰り出す有井

RISEクリエーション
『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』
2021年9月23日(木・祝) 神奈川・ぴあアリーナMM

小比類巻譲りのローを蹴り続ける京介

▼第1試合 バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
●京介(TOP DIAMOND/RISEスーパーフライ級5位)
判定0-3 ※28-30×2、29-30)
◯有井渚海(及川道場/CKC2021 -54kgトーナメント準優勝、第30回全日本新空手道選手権大会 K-2GRAND PRIX 2019軽軽量級優勝)

 京介はK-1 WORLD MAXで一世を風靡した小比類巻貴之の弟子。RISEスーパーフライ級新設当初から参戦し、元REBELS王者の奥脇一哉、元MA王者の一樹、那須川天心率いるTEAM TEPPENの須田翔貴を下し3連勝と波に乗ったが、昨年2月に政所仁に1RKO負け。今年1月には大﨑孔稀に2RKO負けを喫し2連敗となった。

 対する有井はキックボクサーとして活躍するかたわら『ABEMA』の恋愛リアリティショー「恋する週末ホームスティ」に出演し、ティーンから絶大なる支持を受けている。
 8戦無敗の快進撃を続けていたが、今年7月に行われた8人制のワンデー『CKC2021-54kgトーナメント』決勝で、かつて勝利した寺山遼冴に延長判定で敗れ初黒星となった。

得意の右をクリーンヒットさせる有井

 1R、有井は前手のジャブ、前足でのロー、ハイで細かく当ててゆく。中盤からギアを上げ、前蹴りからパンチコンビネーション・ヒザで前に出る有井。京介も同じく前蹴りを返しては、ローを当てるが、有井は即座にロー、ボディを更に返す。有井の反応の良さが目立つ。

 2R、有井がミドル、パンチと素早い攻撃で攻める。京介は有井の前脚へのローキックをコツコツ当て続ける。有井の右ストレートからのヒザで京介が一瞬止まる。鼻血が流れる。
 アグレッシブに手数で攻める有井だが、京介のしつこいローで前足が赤くなってゆく。手数は有井。

左ボディを叩き込む有井

 3R、京介の右ローに、有井が脚を上げカットしはじめる。有井は顔面へのパンチを集中させる。更にボディヒザを忘れない有井。
 有井のアッパー、バックブローがヒットし、本Rの有効打は有井か。

 判定は三者ともに有井。有井は試合内容に納得いかずか、不満気な表情ながらもランカー相手に危なげなく再起してみせた。

※全試合結果はこちら

▶︎次ページは【動画】有井の驚異のコンビネーション!1-2-3・ヒザから得意の右!

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】9.23 那須川天心vs鈴木真彦ほか「RISE横浜大会」生中継、配信情報

・”恋ステ”有井渚海がバックハンドブローで衝撃KO勝利、夢のONE本戦へつなぐ

・那須川天心、鈴木真彦の強打は「当たらなければ意味ない」勝負の分かれ目は「格闘技に対する思い」

・鈴木真彦、打倒・那須川天心へ「全部奪ってやる、倒されても倒し返す」=公開練習

・歌手デビューの那須川天心、明日の入場曲は変わらず!「矢沢(永吉)さんには勝てません」=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 試合結果個別