TOP > 試合結果個別

【RISE】優勝候補・志朗が盤石の強さで決勝進出、リベンジに燃える滉大を退ける

2021/09/23(木)UP

滉大の顔にパンチを打ち込む志朗

RISEクリエーション
『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』
2021年9月23日(木・祝) 神奈川・ぴあアリーナMM

▼第6試合 RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント 準決勝① 3分3R延長1R
●滉大(及川道場/HOOST CUP 初代日本スーパーフライ級王者、第2代DEEP☆KICK 53kg王者)
判定0-3 ※29-30、28-30×2
◯志朗(BeWELLキックボクシングジム/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント~優勝、ISKAムエタイ世界バンタム級王者)

※大﨑孔稀が計量オーバーのため失格、リザーブマッチ出場の滉大が繰り上がり

 当初、志朗の相手はRISEスーパーフライ級王者・大﨑一貴だったが、大﨑が練習中に右足を骨折。7月のリザーブマッチで金子梓に勝利した弟の大﨑孔稀が本戦繰り上がり出場で対戦することとなっていた。
 しかし22日の前日計量で、孔稀が一回目の計量で56.20kgと3.2kgオーバー。2回目の計量も通らず失格に。

 この準決勝戦のリザーブマッチは、7月の1回戦で志朗に敗れた滉大(及川道場)と、金子梓(新宿レフティージム)で争われるはずだったが、金子もまた体重オーバーで失格。
 結果、志朗は1回戦を争った滉大と、再び準決勝を戦うことになった。

的確にパンチを当て続けた志朗

 1R、志朗はステップを踏み距離を取りつつ、スピードある右ローからジャブ、右ボディを入れる。滉大は前蹴り、ローから前へ出るも志朗の左カウンターを被弾。さらに畳み掛けるように右ストレートのダブルを入れる志朗。
 ラスト20秒、滉大の右目の上がカットとなりタイムストップも、傷は浅く再開。

 2Rも、ローを出してはプレッシャーをかける滉大に、志朗がカウンターのジャブ、右ストレートを当てる展開。滉大の傷が開きはじめ、流血が目立つ。

 3R、変わらず出てくる滉大に、今度は志朗が下がらず迎え撃ちパンチコンビネーションを叩き込む。中盤、滉大の流血で再びタイムストップ。
 再開するも流血が止まらない滉大は、覚悟を決めたかのようにアグレッシブなパンチ連打で攻める。志朗は変わらず細かくジャブ、右ストレートを当てる。ラストは志朗が先手でカーフ、パンチを当てる。

 判定は3者とも志朗を支持。前回よりアグレッシブに向かってきた滉大に、動じず被弾せず的確にパンチを当て続けた志朗が決勝へ駒を進めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・まさかのトーナメント失格2名、志朗がリザーブの滉大と再戦…「呪われた53kgトーナメント」=前日計量

・歌手デビューの那須川天心、明日の入場曲は変わらず!「矢沢(永吉)さんには勝てません」=前日計量

・志朗が延長戦でダウンを奪い、滉大とのテクニシャン対決制する=前回の試合

・雪辱に燃える白鳥大珠、直樹を「一方的な展開、何もさせずにぶっ倒す」=公開練習

・【テレビ・配信】9.23 那須川天心vs鈴木真彦ほか「RISE横浜大会」生中継、配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 試合結果個別