TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【RISE】白鳥大珠が痛恨の延長負け、返り討ちの“ジョーカー”直樹に、“人獣”中村寛がリング乱入で宣戦布告

2021/09/23(木)UP

白鳥(左)にパンチを打ち込む直樹

RISEクリエーション
『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』
2021年9月23日(木・祝)横浜・ぴあアリーナMM

▼第11試合 Super Fight!ライト級(-63kg)3分3R延長1R
○直樹(BRING IT ONパラエストラAKK/第7代RISEライト級王者、スック・ワンキントーン スーパーライト級王者)
延長判定3-0 ※10-9×3 
●白鳥大珠(TEAM TEPPEN/RISE WORLD SERIES 2019 -61kg級王者、第5代RISEライト級王者、RIZIN KICK ワンナイトトーナメント優勝)
※本戦は30-30×2、29-29

 白鳥は昨年のRISEワールドシリーズ-61kg級世界王者。長身から繰り出される鋭い攻撃を武器に、国内中量級を席巻する。今年6月にはRIZIN KICK ワンナイトトーナメントに出場し、1回戦で髙橋亮、決勝で皇治を下しトーナメントを制した。

 対する直樹は変則的なパンチやカウンターテクニックを武器に、RISEのリングで活躍。今年1月には秀樹とのRISEライト級王座決定戦を制し、第7代RISEライト級王者となった。

 両者の初戦は昨年10月の『RISE DEAD OR ALIVE 2020 Yokohama』にて行われたRISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント準決勝。優勝候補として注目を集めていた白鳥に対し、直樹が右ヒザ蹴りを直撃。白鳥の額を割り90秒TKO勝利を収めている。白鳥がリベンジを果たすか、直樹が返り討ちに切って落とすか。

 1R、直樹が肩でフェイントを入れながら左ロー。サウスポーの白鳥が右ロー、左ミドルとキックを散らす。白鳥がワンツーから左三日月蹴り。距離を取る直樹が飛び込んで右ストレートを伸ばすと、打ち終わりに白鳥が細かい左右フック連打を見せる。終了間際に白鳥が右バックスピンを見せるが空振り。直樹の手数は少なく、静かな立ち上がりとなる。

 2R、白鳥が細かく右ロー。直樹は遠くから右ボディストレートを伸ばす。直樹が右ストレートで入り込むと、白鳥はカウンターで左右フック。ワンツーから左ボディを直樹の腹へ突き刺す。直樹は白鳥の前進に右三日月蹴りを合わせ、けん制する。

 3R、直樹の前進に合わせた白鳥の前蹴りで直樹が転倒。白鳥が圧力をかけ、直樹のパンチをウィービングでかわし右フックをヒットさせる。直樹の右ストレートをダッキングし右から左のコンビネーション。ロープを背負う直樹へワンツーから左ヒザ。コーナー際に転倒した白鳥へ直樹が打撃を与えてしまい、イエローカードを出される。再開後直樹の右ストレートでぐらついた白鳥へ左フック、打ち合いから右アッパーを浴びせる直樹。ダメージを感じさせる白鳥がロープに持たれたところで試合終了のゴングが鳴り響いた。

 ジャッジは3者ともドロー。延長戦へ突入する。

 延長R、直樹がプレッシャーをかけロープを背負う白鳥へ右ハイ。下がりながら右ローを放つ白鳥へ、直樹は右三日月の連打で距離を詰める。ロープ際の白鳥へ直樹が右ボディストレート。手数が減った白鳥を追う直樹は右三日月を連打。ワンツーから左ミドルのコンビネーションで直樹に迫るもヒットは奪えない。直樹が飛び込み際に右ストレートをヒット。ロープを背負った白鳥へさらに右ストレートで追撃。直樹の打ち終わりに手が出ない白鳥へ、直樹は右ストレートから左を返す。白鳥が反撃の左フックを振ったところで試合終了のゴング。ジャッジ3者全員が直樹にポイントをつける完勝で白鳥を返り討ちに果たした。

 マイクを握った直樹は「白鳥君は本当に強いし認めてたんですけど、まだ僕の方が格下だったんで、偉そうに『再戦受けてくれてありがとう」って言えとか言っちゃったんですけど、こちらこそ受けてくれてありがとうございました」と試合前のいざこざを精算した。

今大会のゲスト解説を務めていた中村寛(右)がリングに乱入!直樹に宣戦布告した

 さらに「原口君には負けてるんですけど、本当に敵がいない状態になったので、他団体のやつらとやりたいです」と他団体への進出を宣言。ここで黙っていなかったのが解説席にいた中村寛。リングに乱入し「延長で判定してダウンもなくて。それで他団体へRISEを背負っていこうとしてるのがむかつくので、直樹、11月やろうや」と直樹を挑発。誰も予想だにしなかった遺恨を残す結末となった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】9.23 那須川天心vs鈴木真彦ほか「RISE横浜大会」生中継、配信情報

・ねぎ魔神旋風と原口健飛のムキムキボディ、乱闘騒ぎ。それを打ち消す直樹vs白鳥大珠の因縁決着戦=前日計量

・雪辱に燃える白鳥大珠、直樹を「一方的な展開、何もさせずにぶっ倒す」=公開練習

・直樹が「黙らせる」と白鳥大珠を返り討ちへ、決着は「反対のおでこを切ってバランス良くしてやる」

・SNSで舌戦の白鳥大珠と直樹が1年ぶり再戦決定「ボコボコにして解説席に戻す」(白鳥)=9.23横浜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 新着情報 > 試合結果個別