TOP > 新着情報 > 試合結果個別

プロレスラー井土徹也、RIZINアマ優勝のマツモモと打撃戦で競り勝つ=【BreakingDown】

2021/09/26(日)UP

プロレスラー井土がパンチのラッシュで競り勝った

 9月26日(日)、朝倉未来の1分間大会『BreakingDown』の第2回大会が行われ、第10試合にプロレスラーの井土徹也(いづち てつや)が、2016年RIZINアマチュア大会ミドル級(−83.9kg)優勝のマツモモ峰周(松本峰周)と対戦し、打撃で打ち合いの末、判定2-1で井土が競り勝った。

【フォト】井土のパンチがクリーンヒット!マツモモもストレートで返す激しい打ち合い

 井土はプロレスリングHEAT-UPを中心にU系プロレス ハードヒットにも参戦する21歳の若手レスラー。レスリングと空手をバックボーンに持ち、最近YouTubeで白川陸斗(トライフォース赤坂)とタイヤファイト(タイヤに片足を入れ、パンチだけで戦う競技)で対戦。互角の内容で打撃戦の強さを見せつけた。 

勝利した井土

 試合開始と同時に駆け出してドロップキックに行く井土、それをかわし、マツモモがパウンドに行こうとするも、すぐに立つ井土。以降、井土のパンチのラッシュから蹴りで攻勢。マツモモが井戸の蹴りを掴み倒そうとするも、立て直しラッシュする井土。終盤は互いに打ち合いになりマツモモの勢いも増すがここでゴング終了。互いにスタミナ消耗も井土がスタミナを残し、しっかり動いて見せた2-1で判定勝利した。

 井土のこの打撃力なら、更に鍛えればプロレスのみならずその他格闘競技にも適応できそうだ。今後の活躍に期待したい。

※全試合結果はこちら

▶︎次ページは【フォト】井土のパンチがクリーンヒット!マツモモもストレートで返す激しい打ち合い

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・この大会の全試合結果

・朝倉未来の1分大会でシバターがギロチンチョークで”秒殺失神”一本勝ち

・素手ボクシングで100キロ巨体が一撃の失神ダウン、脳天をマットに打ちつける戦慄KOシーンに「こんな倒れ方初めて見た、BKFCの年間最高KOだ」

・【UFC】衝撃の15秒殺KO!右クロス一撃の失神ダウンに「全てが揃ったKOパンチ、レベルが違いすぎた」と驚愕の声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別